« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2019年、映画レビュー復活させます&まとめて「勝手に映画賞」

2016年末から何となくやらなくなってた映画レビューを、
来年から復活させます。
大みそかに宣言したのは、元日から鑑賞予定があるからです。
予定としては、ダラダラ書かず、
原稿用紙1枚分(約400字)程度の容量でやって行こうと思っております。

で、ココまで放っておいた3年分の「勝手に映画賞」3年分の、
ベスト&ワーストだけでも発表しておこうかと思います。

2016年(鑑賞本数:213本)
 ベスト:日本でいちばん悪い奴ら
 ワースト:秘密 THE TOP SECRET
2017年(鑑賞本数:213本)
 ベスト:あぁ荒野
 ワースト:グレート・ウォール
2018年(鑑賞本数:212本)
 ベスト:SEARCH
  (「ボヘミアン~」とか「カメ止め」とかは、「勝手に映画賞」らしくないので…)
 ワースト:検察側の罪人

こんな感じで、また来年から、よろしくお願いいたします。

「新・中央競馬予想戦記」2018年年間総括

~凡例~
UP=通算回収率が前年比1%超上昇
STAY=通算回収率が前年比±1%変化
DOWN=通算回収率が前年比1%超下降

(1)年齢、距離、馬場別(カッコ内は通算の数字)
 ①2歳限定戦 57戦239.5%(814戦 84.5%) UP!
 ②3歳限定戦 97戦62.4%(1487戦67.9%) STAY
 ③3歳以上戦 475戦78.6%(7034戦73.3%) UP
 ④4歳以上戦 297戦62.6%(3824戦80.0%) DOWN
 ⑤芝戦全体 660戦85.6%(9665戦73.6%) 
STAY
  [1]短距離(1000~1600) 309戦94.1%(4546戦73.2%) UP
  [2]中距離(1700~2200) 275戦87.3%(4062戦76.1%) STAY
  [3]長距離(2300~3600) 76戦47.2%(1057戦65.9%) 
DOWN
 ⑥ダート戦全体 247戦76.0%(3546戦72.1%) STAY
  [1]短距離(1000~1600) 124戦86.1%(1609戦72.3%) UP
  [2]中長距離(1700~2400) 123戦65.0%(1937戦72.0%) STAY
 「2018第12開催総括」でも述べたように、
 今年の原動力は、なんと言っても2歳限定戦である。
 前年までの2歳限定戦の通算回収率73.5%から、

 実に10%以上の大幅UPである。
 逆に④の低調ぶりを見るにつけ、今年前半の低調をまさに物語る結果となった。
 それだけに、2歳戦の伸び率の大きさが、よけい強調される。

(2)条件別(カッコ内は通算の数字)
 ①500万下 206戦61.2%(3193戦74.5%) DOWN
 ②1000万下 281戦78.5%(4067戦75.0%) STAY
 ③1600万下 179戦69.5%(2261戦70.9%) STAY
 ④オープン戦 121戦57.0%(1682戦66.4%) STAY

 ⑤重賞全体 138戦135.7%(1921戦76.0%) UP
  [1]GⅢ
 72戦189.1%(1029戦77.8%) UP!
  [2]GⅡ 38戦87.5%(537戦80.1%) STAY
  [3]GⅠ 28戦42.1%(355戦65.2%) DOWN
 
小倉2歳Sで万馬券を取った影響がやはり大きく、
 
GⅢの好成績が重賞全体に波及するほどに。
 一方で、GⅠは昨年以下の低水準。
 やっぱり、こういう目立つところで良いところ見せてないと、
 ブログも地味なものになってしまうしねぇ…。

(3)馬場別(通算のみ、カッコ内は去年までの数字とそれとの比較)
  ①中山競馬場 1558戦 71.1%(1428戦 71.8%)STAY

  ②東京競馬場 1712戦 69.5%(1590戦 65.4%)UP
  ③阪神競馬場 1590戦 70.2%(1454戦 70.8%)STAY
  ④京都競馬場 1739戦 67.7%(1592戦 67.7%)STAY

  ⑤福島競馬場 747戦 69.1%(687戦 69.6%)STAY
  ⑥新潟競馬場 1012戦 68.1%(932戦 69.0%)STAY
  ⑦中京競馬場 954戦 73.5%(873戦 75.5%)DOWN
  ⑧小倉競馬場 807戦 80.4%(745戦 73.2%)UP
  ⑨函館競馬場 505戦 78.7%(468戦 78.1%)STAY
  ⑩札幌競馬場 560戦 84.4%(518戦 77.5%)UP
 UP2場のうち、⑧と⑩は2歳戦で大きいのを取った効果。
 一方、唯一の
DOWNとなった⑦ではあるが、
 最終開催の浜名湖特別(12/8)で大万馬券ゲットできる予想をしたため、
 ある意味復調傾向。
 年明け最初の開催から、3連複で狙ってみようかと思ってます。

(4)年間総括
 
「2018第12開催総括」でも述べたように、開催回収率は86.6%。
 通算回収率が昨年末比で1%以上上昇
 (2017末時点通算回収率:72.1% 2018年末時点通算回収率:73.4%)ので、
 少しは通算の借金を減らす助けにはなったかも。
 とはいえ、最終開催における詰めの甘さもあり、
 9月時点での最終目標「年間回収率90%」を達成できず。
 万馬券も取れましたので、まあまああ納得の競馬シーズンではありましたが、
 やはり、ひとつでも上を目指していかないと…。

(5)2019年の目標
 年間回収率85%。
 今年ぐらい当てられれば、充分達成可能な数字ではありますが、
 逆説的に言えば、今年ぐらい当てないと達成できない数字。
 それなりにやりがいのある数字ということで…。

「新・中央競馬予想戦記」2018年第12開催を振り返って

①12/28の結果
 1勝(フォーチュンC) 8敗
  回収率 22.7%
  年間回収率 86.6%
  通算回収率 73.4%

②開催を振り返って
 (1)OPが珍しく良かった
  (8戦通算 143.1%)
 (2)重賞は、GⅡだけが良くて、GⅢはダメダメ
  (全体:11戦95.2% GⅢ:4戦11.8% GⅡ:2戦432.5% GⅠ:5戦41.3%)
 (3)芝戦は、レース数の少ない長距離だけ良かった
  (全体:49戦62.0% 短:26戦54.5% 中:17戦36.9% 長:6戦168.2%)
 (4)D戦は、中長距離の方が良かった
  (全体:23戦98.9% 短:13戦61.6% 中長:10戦176.0%)

③開催総括
 開催回収率は71.0%と、通常なら「平均的」という感じなのだが、
 年間回収率90%を狙っていた開催としてはいかにも低調。
 大事なところで今年回収率をいっぱい上げてくれた2歳限定戦が、
 今開催65.9%(年間239.5%)とふるわず。
 クライマックスシリーズでブレーキがかかった
 我らが埼玉西武ライオンズとまったく同じ展開。
 とはいえ、今開催だけでもけっこう数字が変わってるところもあったので、
 「年間総括」で振り返りながら、来年の競馬戦略を練って行きたいと思う。

 

「新・中央競馬予想戦記」 2018-12-28

12/22の結果
 1勝(グレイトフルS) 1分(クリスマスローズS) 5敗
  回収率 29.2%
12/23の結果
 1勝(フェアウェルS) 3分(グッドラクハンデキャップ、有馬記念、クリスマスC) 5敗
  回収率 51.0%
  年間回収率 87.1%
  通算回収率 73.4%
 中山大障害の最終障害で「あぁ~」ってなったのももちろんだが、
 地味に阪神全敗。ココに来てこの躓きは相当厳しい。
 とはいえ、回収率を気にしてオッズ見ながら買えるほど時間があるわけでもないし…。
 12/28の買い方は以下の通り。
  中山:条件戦=複勝 OP以上=ワイド
  阪神:条件戦=複勝 OP以上=枠連

中山07R ヤングジョッキーシリーズFR中山①(3上500万下 芝中 ①点)
  ◎ ⑬ジョブックコメン
  ○ ⑦プレシャスブルー
  ▲ ⑨コスモレリア

中山09R ヤングジョッキーシリーズFR中山②(3上1000万下 D中 1点)
  ◎ ⑨ダノンフォワード
  ○ ④ダイワインパルス
  ▲ ②インザバブル
  △ ①マイウェイアムール

中山10R 立志S(3上1600万下 D中 1点)
  ◎ ⑤デザートスネーク
  ○ ⑭ワイルドカード
  ▲ ⑦ローレルリーベ
  △ ⑬シロニイ

中山11R ホープフルS(2歳GⅠ 芝中)
  ◎ ①ニシノデイジー
  ○ ⑬コスモカレンドゥラ
  ▲ ②ブレイキングドーン

中山12R ベストウィッシュC(3上1000万下 芝短 2点)
  ◎ ⑥アイスフィヨルド
  ○ ④アドマイヤシナイ
  ▲ ③レジーナドーロ

阪神09R 春待月賞(3上1000万下 D短 1点)
  ◎ ⑫ワンダーアマービレ
  ○ ⑪タガノリアン
  ▲ ⑩トップラン
  △ ⑬ラブリーイレブン

阪神10R フォーチュンC(3上1000万下 芝中 ①点)
  ◎ ⑩シンギュラリティ
  ○ ⑪ジェシー
  ▲ ⑥サトノガーネット

阪神11R ベテルギウスS(3上OP D中)
  ◎ ⑥ヨシオ        ハナ取れれば
  ○ ⑨カゼノコ       前走評価して
  ▲ ⑫ブライトアイディア 1つ叩いて
  △ ⑩ロードアルペジオ 阪神相性良さげ

阪神12R 2018ファイナルS(3上1600万下 芝短 1点)
  ◎ ⑪タイセイスターリー
  ○ ⑤ヤマカツグレース
  ▲ ⑯ラベンダーヴァレイ
  △ ⑧サプルマインド

「新・中央競馬予想戦記」 2018-12-23

中山08R キャンドルライト賞(3上1000万下 D短 ①点)
  ◎ ④スズカグラーテ
  ○ ⑪エニグマ
  ▲ ⑭ホウオウジャッジ

中山09R グッドラックハンデキャップ(3上1000万下 芝長 2点)
  ◎ ⑧マスターコード
  ○ ①グリントオブライト
  ▲ ⑩サトノグロワール
  △ ⑯マスラオ

中山10R フェアウェルS(3上1600万下 D短 1点)
  ◎ ①スピールアスール
  ○ ⑫ビックリシタナモー
  ▲ ⑮タガノヴィッター
  △ ⑪クライシス

中山11R 有馬記念(3上GⅠ 芝長)
  ◎ ⑫レイデオロ
  ○ ⑤パフォーマプロミス
  ▲ ⑧ブラストワンピース
  △ ③モズカッチャン
 本命は、連勝で秋天を制し、JCを使わずに直行してきた⑫。
 2500mは初めてだが、中山コース自体は相性が良さそうなので、
 鞍上の力や勢いで乗り切ってくれると見る。
 対抗以下は混戦。騎手ではデムーロ兄弟が怖い。
 そういった中で、対抗に推すのは休み明けの前走を勝った⑤。
 メンバー中唯一芝2500mを2勝しており、距離相性は良さそうだし、
 鞍上もデムーロ(弟)なのが面白い。
 デムーロ(兄)が乗る③も争覇圏内と見て押さえるが、
 牝馬だし初めての距離だし安定感にも欠けるので、鞍上の一発に期待したい。
 あとは、今年「強い世代」と言われる3歳世代から唯一のエントリーとなる⑧を、
 今回は3番手として推してみたい。
 3歳限定の500万下のレースとはいえ、ダービーと同じ条件で勝っているので、
 距離的には充分もつとは思うんだが…。

中山12R クリスマスC(3上1000万下 芝短 3点)
  ◎ ②ビリーバー
  ○ ⑨サラデコラシオン
  ▲ ⑮ウィズ

阪神09R 千両賞(2歳500万下 芝短 1点)
  ◎ ⑦マイネルウィルトス
  ○ ⑪アーデンフォレスト
  ▲ ③ルプリュフォール

阪神10R クリスマスキャロル賞(3上1000万下 芝短 2点)
  ◎ ②エアアルマス
  ○ ③アバルラータ
  ▲ ⑫ブルベアトリュフ

阪神11R サンタクロースS(3上1600万下 芝中 ①点)
  ◎ ②サトノケンシロウ
  ○ ③ミスディレクション
  ▲ ⑫カフジバンガード

阪神12R ギャラクシーS(3上OP D短)
  ◎ ④ユラノト      1つ叩いて
  ○ ③ナムラミラクル  惜しい競馬続く
  ▲ ①ドンフォルティス 前走評価して

「新・中央競馬予想戦記」 2018-12-22

12/15の結果
 3勝(ひいらぎ賞、舞浜特別、寒椿賞) 6敗
  回収率 74.3%
12/16の結果
 5勝(香取特別、蛍池特別、妙見山特別、三河S、尾張特別) 5敗
  回収率 51.5%
  年間回収率 87.9%
  通算回収率 73.4%
やっぱり、ここに来てしっかりブレーキがかかってしまい、
年間90%はやや厳しい情勢に。
残り3開催日。最後まであきらめずに目標に向けてやって行きたいが…。
12/22、12/23の買い方は以下の通り。
 中山:条件戦=複勝 OP以上=ワイド(有馬記念は変更の場合有)
 阪神:条件戦=単勝 OP以上=枠連

中山09R クリスマスローズS(2歳OP 芝短)
  ◎ ⑫マイネルアルケミー
  ○ ①イメル
  ▲ ⑭ディアンドル

中山10R 中山大障害(3上JGⅠ 障害)
  ◎ ⑨アップトゥデイト
  ○ ⑧ミヤジタイガ
  ▲ ④マイネルプロンプト
 前年覇者のオジュウチョウサンがまさかの有馬記念出走で、
 その前の覇者⑨がまだまだやれてるこの状況では、
 8歳でも⑨をとりあえず推しておくしかないだろう。
 あとは、平地だけでなく障害も特殊な中山コースで実績のある、
 特に前哨戦のイルミネーションジャンプSの1着&2着をそのまま推す。
 平地の脚もある⑧を対抗、
 秋口の中山でのOP戦で勝っている④を3番手とする。

中山11R グレイトフルS(3上1600万下 芝長 1点)
  ◎ ⑪ルックトゥワイス
  ○ ⑤ケンホファヴァルト
  ▲ ⑫メイショウキトラ

中山12R ノエル賞(3上1000万下 芝中 1点)
  ◎ ⑫スマートルビー
  ○ ⑦ヴェロニカグレース
  ▲ ⑪クリッパー

阪神09R 江坂特別(3上1000万下 芝長 1点)
  ◎ ⑩ドンアルゴス
  ○ ⑨スーパーフェザー
  ▲ ⑤パリンジェネシス

阪神10R 摩耶S(3上1600万下 D中 1点)
  ◎ ⑨キクノルア
  ○ ⑮ストーミーバローズ
  ▲ ④アルドーレ
  △ ③タガノヴェローナ

阪神11R 阪神C(3上GⅡ 芝短)
  ◎ ②ミスターメロディ
  ○ ⑬ケイアイノーテック
  ▲ ⑩サトノアレス
 本命&対抗は今年勢いのある3歳馬から。
 NHKマイルCの順位とは入れ替わってしまうが、
 4着だった②を本命視。鞍上にかける期待は大きい。
 もちろん、馬の実力としては⑬の方が1段上なので、逆転も充分。
 3番手には、半年ぶりだが安田記念では惜しい競馬だった⑩を推す。
 4戦続けて東京での競馬で勝ち切れないところを見ると、
 本質的には右利きなのでは、と見るが…。

「新・中央競馬予想戦記」 2018-12-16

中山09R 香取特別(3上1000万下 D長 ①点)
  ◎ ⑬サノサマー
  ○ ⑥エルデュクラージュ
  ▲ ②スターライトブルー

中山10R 南総S(3上1600万下 芝短 ①点)
  ◎ ⑫タイセイスターリー
  ○ ⑭ミトノレインボー
  ▲ ⑤アルマエルナト

中山11R ディセンバーS(3上OP 芝中)
  ◎ ⑧プロディガルサン  中山相性買って
  ○ ③アストラエンブレム 安定感買って
  ▲ ⑦ナイトオブナイツ   OPなら
  △ ⑪ハートレー      実績は上位

阪神09R 蛍池特別(3上1000万下 芝中 1点)
  ◎ ①レイズアベール
  ○ ⑤インヘリッドデール
  ▲ ⑥ハイヒール

阪神10R 元町S(3上1600万下 芝短 1点)
  ◎ ②ロライマ
  ○ ⑥クイーンズベスト
  ▲ ③インディチャンプ

阪神11R 朝日杯フューチュリティS(2歳GⅠ 芝短)
  ◎ ⑥アドマイヤマーズ
  ○ ⑭ファンタジスト
  ▲ ⑪ケイデンスコール
  △ ②グランアレグリア

阪神12R 妙見山特別(3上1000万下 D短 ①点)
  ◎ ⑫イシュトヴァーン
  ○ ⑨メイショウサチシオ
  ▲ ⑭テイエムグッドマン

中京10R 桑名特別(3上500万下 芝短 1点)
  ◎ ③クインズチャパラ
  ○ ⑱シセイヒテン
  ▲ ⑤ワールドフォーラブ

中京11R 三河S(3上1600万下 D短 ①点)
  ◎ ⑪スマートダンディー
  ○ ⑦タガノアム
  ▲ ⑧スピーディクール

中京12R 尾張特別(3上1000万下 芝中 1点)
  ◎ ⑨スクエアフォールド
  ○ ⑧ギャラッド
  ▲ ④エトランドル
  △ ⑩ファスナハト

「新・中央競馬予想戦記」 2018-12-15

12/8の結果
 3勝(霞ヶ浦特別、アクアラインS、リゲルS) 1分(境港特別) 5敗
  回収率 118.1%
12/9の結果
 3勝(黒松賞、高砂特別、長良川特別) 1分(つわぶき賞) 6敗
  回収率 32.0%
  年間回収率 88.4%
  通算回収率 73.5%
土曜こそ回収率上昇に寄与したが、日曜は見事に足踏み。
まだ2歳GⅠだけで2チャンスある、と考えるべきなんだろうが、
こういう時はだいたいうまく行ってないので、
そう楽観的に考えられない思考構造なんですよねぇ、ワシ…。
12/15、12/16の買い方は以下の通り。
 中山:条件戦=複勝 OP以上=枠連
 阪神:条件戦=単勝 OP以上=枠連
 中京:条件戦=複勝 OP以上=馬連

中山09R ひいらぎ賞(2歳500万下 芝短 1点)
  ◎ ⑫ミトロジー
  ○ ⑮ダノンキングリー
  ▲ ⑧ドラウプニル
  △ ④ヘイワノツカイ

中山10R 舞浜特別(3上1000万下 D短 ①点)
  ◎ ⑥フランシスコダイゴ
  ○ ⑬スリーミリオン
  ▲ ⑤ステラルーチェ
  △ ⑨シアーライン

中山11R ターコイズS(3上GⅢ 芝短)
  ◎ ⑤フローレスマジック
  ○ ③ミスパンテール
  ▲ ⑬フロンテアクイーン
 本命は、連勝でOPクラスに返り咲いた⑤。
 鞍上も良いし、中山コースとの相性もいいし、安定感も勢いもある。
 それでいて斤量も控えめなので、3連勝も充分と見る。
 対抗には、重賞3勝でトップハンデの③。
 前走はいかにも長かったということで度外視すれば、
 持ち時計も良いし安定感もある。実績上位なので逆転も充分とみる。
 3番手候補には印を打った⑬以外に⑨もいるんだが、
 ⑨はOP未経験でしかも標準斤量より1㎏しか減らされてない。
 鞍上が怖いが、今回は次点止まりとする。
 印を打った⑬は、昨年このレースの2着馬だし、
 鞍上も今年初めて短期免許で来た外人騎手。
 「名刺代わり」に一発やってくれるかも。

阪神09R さざんか賞(2歳500万下 芝短 1点)
  ◎ ⑩メジャーハリケーン
  ○ ⑤タマモメイトウ
  ▲ ⑫エスト

阪神10R 赤穂特別(3上1000万下 D中 1点)
  ◎ ⑩ダンサクドゥーロ
  ○ ⑩サトノプライム
  ▲ ③ワンダーウマス

阪神11R タンザナイトS(3上OP 芝短)
  ◎ ⑫アイライン   惜しい競馬続く
  ○ ⑦ベルーガ    1つ叩いて
  ▲ ⑥ミキノドラマー 斤量恵まれた

中京10R 寒椿賞(2歳500万下 D短 2点)
  ◎ ⑪オーヴァルエース
  ○ ⑧ケイエイターコイズ
  ▲ ⑦ナランフレグ

中京11R 中京日経賞(3上1000万下 芝短 ①点)
  ◎ ②ボーンスキルフル
  ○ ⑪メイケイダイハード
  ▲ ⑮タイセイソニック
  △ ⑰カネトシブレス

中京12R 栄特別(3上500万下 芝中 ①点)
  ◎ ⑪ジャコマル
  ○ ⑰ヘヴンリーデイス
  ▲ ⑯アスタービーナス

「新・中央競馬予想戦記」 2018-12-09

中山09R 黒松賞(2歳500万下 芝短 ①点)
  ◎ ⑦ホウオウカトリーヌ
  ○ ⑨サンタンデール
  ▲ ⑫マイネルアルケミー

中山10R 常総S(3上1600万下 芝中 1点)
  ◎ ⑩メイショウキトラ
  ○ ⑪アッフィラート
  ▲ ③パイオニアバイオ

中山11R カペラS(3上GⅢ D短)
  ◎ ⑥オールドベイリー
  ○ ②コパノキッキング
  ▲ ⑧ハットラブ
  △ ①キタサンミカヅキ
 本命は、中山経験がないものの勢いのありそうな⑥。
 他に印を打った馬に難があるため、押し出された形の本命だが、
 中山の坂さえこなせば、ココは連勝機と見る。
 対抗は、このレースを戦うには少々若い②。
 とはいえ、勢いの面では⑥に劣るものではないし、
 過去に3歳の勝馬がいないわけではないので、いちおう逆転含みで。
 3番手の⑧は、牝馬ということでこの評価だが、
 中山コースとの相性もいいし、こちらも勝馬を出してないわけではないので、
 地の利さえ活かせれば逆転も充分と見る。
 あとは、地方から参戦の①。コレは年齢に明らかに難があり、
 さすがに勝馬が出ていないが、前走も評価できるし、連対は充分と見る。

阪神09R オリオンS(3上1600万下 芝長 1点)
  ◎ ①サトノケンシロウ
  ○ ⑧シュペルミエール
  ▲ ⑤サラス

阪神10R 堺S(3上1600万下 D中 ①点)
  ◎ ⑥ファッショニスタ
  ○ ⑤テルペリオン
  ▲ ⑦クリノリトミシュル

阪神11R 阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳GⅠ 芝短)
  ◎ ⑬ダノンファンタジー
  ○ ⑤メイショウショウブ
  ▲ ⑪ビーチサンバ
  △ ④シェーングランツ

阪神12R 高砂特別(3上1000万下 D短 ①点)
  ◎ ⑬メイショウコゴミ
  ○ ③ゲキリン
  ▲ ⑦ベルクリア
  △ ④アンティグラビティ

中京10R つわぶき賞(2歳5000万下 芝短 3点)
  ◎ ⑫ジョーマンデリン
  ○ ⑧アゴベイ
  ▲ ⑥レノーア

中京11R 名古屋日刊スポーツ杯(3上1000万下 芝中 ①点)
  ◎ ③レイリオン
  ○ ⑫アドヴェントス
  ▲ ⑧サブライムカイザー

中京12R 長良川特別(3上500万下 芝中 1点)
  ◎ ⑩ナムラドノヴァン
  ○ ④バレリオ
  ▲ ⑤エテレインミノル

「新・中央競馬予想戦記」 2018-12-08

12/1の結果
 6勝(ステイヤーズS、再度山特別、チャレンジC、こやまき賞、浜松S、高山特別)
 2分(イルミネーションジャンプS、御影S) 2敗
  回収率 177.0%
12/2の結果
 4勝(姫路特別、豊川特別、鳥羽特別、鳴海特別) 1分(市川S) 5敗
  回収率 65.3%
  年間回収率 88.7%
  通算回収率 73.5%
土日揃えられれば、もっと数字は伸びて行くんだろうけど、
今までもそうなってないから今こういう数字なのであって…。
今週からの2歳GⅠ3戦で、なんとか一発逆転を狙いたいところだが、
そう思ってるとだいたいうまく行かなかったりするわけで…。
12/8、12/9の買い方は以下の通り。
 中山:条件戦=複勝 OP以上=枠連
 阪神:条件戦=複勝 OP以上=枠連
 中京:条件戦=複勝 OP以上=ワイド

中山09R 霞ヶ浦特別(3上1000万下 芝中 1点)
  ◎ ⑤ウインイクシード
  ○ ⑨フリージングレイン
  ▲ ④ホウオウパフューム

中山10R アクアラインS(3上1600万下 D短 1点)
  ◎ ⑥クイーンズテソーロ
  ○ ④ヴォーガ
  ▲ ⑮メイショウツレヅレ

中山11R 師走S(3上OP D中)
  ◎ ⑨フェニックスマーク 中山相性良好
  ○ ③クイーンマンボ   距離相性良好
  ▲ ⑬クインズサターン  前走評価して

阪神09R エリカ賞(2歳500万下 芝中 1点)
  ◎ ⑧カフジジュピター
  ○ ①アルクス
  ▲ ③エールヴォア
  △ ④ブラヴァス

阪神10R 境港特別(3上1000万下 芝中 2点)
  ◎ ⑩キボウノダイチ
  ○ ②シルヴァンシャー
  ▲ ⑨ダブルフラット

阪神11R リゲルS(3上OP 芝短)
  ◎ ⑧ロワアブソリュー   連勝機
  ○ ⑩ソーグリッタリング  距離相性買って
  ▲ ①パクスアメリカーナ 持時計評価して

中京10R 浜名湖特別(3上1000万下 D中 1点)
  ◎ ⑥フュージョンロック
  ○ ⑫メモリーコウ
  ▲ ⑤エオリア
  △ ⑧ドゥリトル

中京11R 中日新聞杯(3上GⅢ 芝中)
  ◎ ⑧ドレッドノータス
  ○ ⑭マイスタイル
  ▲ ①エンジニア
 本命は、連勝でOPを勝った良血馬⑧。
 鞍上がローカル競馬らしい人選だが、実績はあるので、まあ問題無いでしょう。
 対抗には、前走休み明けで惜しい内容だった⑭。
 大外枠なのは気になるところだが、
 ハンデキャッパーの評価は上がってるので今回も勝ち負けと見る。
 3番手には、数値的にはトップの①。
 重賞ではココ2戦今回と同じ斤量で掲示板止まりなので、
 そういう意味ではハンデキャッパーからそれほど評価されてないのが気になるところ。
 相手関係次第では逆転もありそうだが…。

中京12R 犬山特別(3上500万下 芝短 ①点)
  ◎ ⑫コスモペリドット
  ○ ⑭グラドゥアーレ
  ▲ ⑧サレンティーナ
  △ ⑯ダノンブライト

「新・中央競馬予想戦記」 2018-12-02

中山09R チバテレ杯(3上1000万下 D中 ①点)
  ◎ ③エピックアン
  ○ ②コスモロブロイ
  ▲ ⑩パレスハングリー
  △ ⑭ネコワシ

中山10R 市川S(3上1600万下 芝短 2点)
  ◎ ⑤アンブロジオ
  ○ ①ショウナンライズ
  ▲ ⑩シャルルマーニュ

中山11R ラピスラズリS(3上OP 芝短)
  ◎ ⑦ミキノドラマー     前走評価して
  ○ ⑪モズスーパーフレア 距離相性良好
  ▲ ⑥レジーナフォルテ   持ち時計優秀

阪神09R 万両賞(2歳500万下 芝短 1点)
  ◎ ③トオヤリトセイト
  ○ ⑦ジュランビル
  ▲ ④エルモンストロ

阪神10R 姫路特別(3上1000万下 D中 ①点)
  ◎ ⑨キクノルア
  ○ ①テイエムグッドマン
  ▲ ⑫ナムラヘラクレス

阪神11R 逆瀬川S(3上1600万下 芝中 1点)
  ◎ ④クリノヤマトオー
  ○ ⑧カリビアンゴールド
  ▲ ⑩ヤマニンエルフィン

中京09R 豊川特別(3上500万下 芝短 2点)
  ◎ ⑨ブレイニーラン
  ○ ⑤サトノマックス
  ▲ ②ソロフレーズ

中京10R 鳥羽特別(3上1000万下 芝短 1点)
  ◎ ⑥エンゲルヘン
  ○ ⑮ウインシャトレーヌ
  ▲ ⑩ユアスイスイ

中京11R チャンピオンズC(3上GⅠ D中)
  ◎ ⑦サンライズノヴァ
  ○ ②ルヴァンスレーヴ
  ▲ ⑧ケイティブレイブ
 本命と対抗はほぼ互角の評価。
 脚質的には危なっかしいが鞍上はダートでキャリアを積み上げてきた⑦を
 今回は本命視する。
 近5走は全部東京コース。中京コースは初めてだが、左回りは問題ないだろう。
 対抗は南部杯を3歳で勝った②。
 今回は回避したが有力視されていたゴールドドリームにも先着しており、
 持ち時計以外は十分通用しそうな感じは出している。
 3番手には、JBCクラシックを勝ったばかりの⑧。
 帝王賞ではゴールドドリームに先着できなかったもののコンマ1秒差の2着。
 距離相性も良いので、逆転も充分と見る。

中京12R 鳴海特別(3上1000万下 D短 ①点)
  ◎ ③スズカグラーテ
  ○ ⑧ペルペトゥオ
  ▲ ⑭ストロボフラッシュ
  △ ⑩タマモサザンクロス

「新・中央競馬予想戦記」 2018-12-01

中山08R イルミネーションジャンプS(3上JOP 障害)
  ◎ ⑭マイネルプロンプト 中山実績買って
  ○ ⑪ミヤジタイガ     地脚は高い
  ▲ ⑨シゲルクロカジキ  OPなら
  △ ①トーヨーピース    連勝機

中山09R 葉牡丹賞(2歳500万下 芝中 ①点)
  ◎ ⑫ボスジラ
  ○ ⑥ランフォザローゼス
  ▲ ⑦マリノジュリア

中山10R 北総S(3上1600万下 D中 ①点)
  ◎ ⑨アナザートゥルース
  ○ ⑦ゴールデンブレイヴ
  ▲ ⑮エンクエントロス

中山11R ステイヤーズS(3上GⅡ 芝長)
  ◎ ⑫アドマイヤエイカン
  ○ ⑪リッジマン
  ▲ ①アルバート
 国内芝平地戦最長距離のレースで、今年は①にとってはJRA記録となる
 同一重賞4連覇がかかる。
 年齢だけなら10歳でも勝ったことのあるレースではあるが、
 今回は正直そこまで推せない。
 それでも、鞍上が強力なので「消し」とまで言い切れない。3番手とする。
 本命は、再昇級戦となる⑫を推す。
 最近話題の札幌2歳S勝馬(2015年のだけど…)だし、
 相手なりに走れそうでもあるので、鞍上がテン乗り内外は連軸向けと見る。
 対抗には、今年のダイヤモンドSで2着している⑪。
 ダイヤモンドSの持ち時計では①を上回っているのが強み。
 競走間隔が空いてるのと、坂に不安は残るが、
 しっかり走り切れれば逆転も充分と見る。

阪神09R 再度山特別(3上1000万下 芝中 ①点)
  ◎ ⑨シンギュラリティ
  ○ ⑥イダエンペラー
  ▲ ⑦トーセンスーリヤ

阪神10R 御影S(3上1600万下 D短 1点)
  ◎ ②シヴァージ
  ○ ⑤ヤマニンアンプリメ
  ▲ ⑧ホウショウナウ

阪神11R チャレンジC(3上GⅢ 芝中)
  ◎ ⑨エアウィンザー
  ○ ②マウントゴールド
  ▲ ⑪トリコロールブルー
 現行の「12月開催、別定、芝2000m」に変わってまだ2年目なので、
 新理論は使えず、通常のOP戦と同様の予想。
 本命は、3連勝中でOP勝ちまで果たした⑨。
 鞍上の最近の不調ぶりが気になるが、
 阪神ではパーフェクト連対(3-2-0-0)だし、距離相性も良好(3-4-1-0)なので、
 今回も勝ち負けでしょう。
 対抗には、コレも前走OP戦を勝っている②。
 持ち時計は優秀だし、鞍上も今まで実績こそ無いものの頼もしい。
 3番手には、コレも持ち時計は優秀な⑪。
 鞍上は今回の岩田騎手の方が合いそうだし、1つ叩いた上積みにも期待したい。

中京10R こうやまき賞(2歳500万下 芝短 1点)
  ◎ ⑤スイープセレリタス
  ○ ⑦ダノンチェイサー
  ▲ ②マイネルウィルトス

中京11R 浜松S(3上1600万下 芝短 3点)
  ◎ ⑪タイセイスターリー
  ○ ⑭ハウメア
  ▲ ⑱メイショウカリン

中京12R 高山特別(3上500万下 D短 ①点)
  ◎ ⑫メイショウラケーテ
  ○ ⑭ディサーニング
  ▲ ③メイショウアテン
  △ ⑩アスカノハヤテ

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ