« イット・カムズ・アット・ナイト(☆☆☆) | トップページ | バグダッド・スキャンダル(☆☆☆) »

ホイットニー ~オールウェイズ・ラブ・ユー~(☆☆☆☆)

人生っていうのは「どれだけ生きるか」ではなく「どう生きるか」だと、

改めて思い知らされた。

一見幸せそうな家族の中で育ったホイットニー。

しかし実は、両親が仮面夫婦で、共働きで、そ

のせいで親戚や知り合いの家を転々としてて、

その中で性的虐待を受けてきたという「子供時代の闇」を内包していた。

聖歌隊を経て、親と同じショービズの世界に躍り出た彼女は、

その才能を遺憾なく発揮して「世界の歌姫」となったわけだが、

親友や父親が彼女の稼ぎを巡って暗闘。

事実上の家族経営となり、

兄弟や親戚が彼女が生み出す富にぶら下がるようになってきた。

さらに、ボビー・ブラウンとの家族生活と、

上り詰めた者が味わう孤独。

そこに忍び寄るアメリカショービズ界の闇「ドラッグ」。

エリック・クラプトンのやエイミー・ワインハウスの時も出てきたけど、

なかなかそこはクリーンにならないんだねぇ。

末期の彼女の声はある意味必聴である。

« イット・カムズ・アット・ナイト(☆☆☆) | トップページ | バグダッド・スキャンダル(☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホイットニー ~オールウェイズ・ラブ・ユー~(☆☆☆☆):

« イット・カムズ・アット・ナイト(☆☆☆) | トップページ | バグダッド・スキャンダル(☆☆☆) »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ