« 「新・中央競馬予想戦記」 2019-09-07 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2019-09-14 »

「新・中央競馬予想戦記」 2019-09-08

中山09R 習志野特別(3上2勝クラス 芝中 ①点)
  ◎ ⑤サトノエルドール
  ○ ⑥オスカールビー
  ▲ ⑧トゥーフラッシー

中山10R 外房S(3上3勝クラス D短 1点)
  ◎ ⑧レッドアネラ
  ○ ⑭ノーフィアー
  ▲ ②メイショウミライ

中山11R 京成杯オータムハンデ(3上GⅢ 芝短)
  ◎ ⑨グルーヴィット
  ○ ⑪ディメンシオン
  ▲ ⑩トロワゼトワル
  △ ⑤ストーミーシー
 ハンデ戦らしく、難解な一戦。
 本命は、前走初の対古馬戦をいきなり勝ってみせた⑨。
 初の中山コースが不安ではあるが、地力は充分と見る。
 対抗以下が特に混戦。
 ポイント的には⑤が優位なのだが、年齢的に曲がり角の6歳馬。
 嵐が接近してるので気になる馬ではあるが、今回は4番手に評価下げ。
 替わって対抗視するのは、前走惜しい競馬だった⑪。
 唯一の中山での競馬だったターコイズSも惜しい競馬だったし、
 斤量も前走より減ってるので、改めて期待。
 3番手には、昇級初戦となる⑩。
 中山コースで2着の実績もあるし、近走内容も良いので、勢いを買う。

阪神09R 瀬戸内海特別(3上2勝クラス 芝短 ①点)
  ◎ ⑥メモリーコロネット
  ○ ①レッドベレーザ
  ▲ ⑧メリーメーキング

阪神10R ムーンライトハンデキャップ(3上3勝クラス 芝中 ①点)
  ◎ ③ワイプティアーズ
  ○ ⑪レッドガラン
  ▲ ⑤レイズアベール

阪神11R セントウルS(3上GⅡ 芝短)
  ◎ ⑦タワーオブロンドン
  ○ ⑪アンヴァル
  ▲ ⑫ミスターメロディ
 本命は、近走内容充実の⑦だが、どちらかというと連軸志向。
 1400mが最適距離なので、
 他にスペシャリストがいると、どうしても甘さが出てしまうため。
 対抗には、阪神実績に難はあるが、1200mは向く⑪。
 惜しい競馬が続いてるし、重賞で甘さがあるのはこの馬も同じなのだが、
 距離は間違いなく向くので、勝ち切る力はこちらの方が上と見る。
 その点は、3番手の⑫も同様だが、
 GⅠ馬ということもあり斤量も増やされてるし、
 高松宮記念以来の競馬というのも気になるポイント。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2019-09-07 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2019-09-14 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「新・中央競馬予想戦記」 2019-09-07 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2019-09-14 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ