« 「新・中央競馬予想戦記」 2019-10-12 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2019-10-14 »

「新・中央競馬予想戦記」 2019-10-13

京都09R 紫菊賞(2歳1勝クラス 芝中 1点)
  ◎ ⑦チュウワノキセキ
  ○ ⑤シャンドフルール
  ▲ ④ロールオブサンダー

京都10R 三年坂特別(3上2勝クラス 芝短 2点)
  ◎ ⑨ヴァンドギャルド
  ○ ⑤ミッキーバディーラ
  ▲ ⑧ロケット

京都11R 秋華賞(3歳GⅠ 芝中)
  ◎ ①ダノンファンタジー
  ○ ⑧カレンブーケドール
  ▲ ⑰エスポワール
  △ ⑯パッシングスルー
 桜花賞馬もオークス馬もいない状況でも、基本的には実績重視。
 ちなみに同様だった2002秋華賞の3着までの当時の主な実績は以下の通り。
  1着:ファインモーション(ローズS1着)
  2着:サクラヴィクトリア(ローズS2着)
  3着:シアリアスバイオ(紫苑S(当時OP)2着)
 OP以上未経験でこのレースを勝ったのはティコティコタック(2000年)のみ。
 この年のように10番人気、単勝27.1倍とかなら一発狙う価値もあるだろうが、
 今年のように3番人気(⑰、単勝6.8倍)や6番人気(⑬、単勝12.0倍)では、
 他の馬と同列に扱わざるを得ないだろう(単勝オッズは当日午前7時ごろのもの)。
 前置きが長くなったが、本命はメンバー中唯一のGⅠ馬①。
 なんやかんやで前哨戦も勝ってるので、
 春の勢力図から大きく変わってないように見える。
 春も堅実に走ってるこの馬。馬場さえ問題無ければ、今回も勝ち負けと見るが…。
 対抗には、オークスで①に先着した⑧。
 秋初戦も無難にこなしており、輸送さえ克服すれば地力上位と見る。
 3番手には、OP以上未経験のうちの1頭⑰。
 台風一過でどのくらい馬場が回復するかわからないが、
 重実績があるのが、上に挙げたOP未経験組の2頭だけなので、
 その意味では浮上の目は充分あると見る。
 あとは、紫苑Sで⑧に先着して勝った⑯。
 成績が極端だが、最近はローズSより良績のあるレースになったので、無視できない。

京都12R 平城京S(3上3勝クラス D中 1点)
  ◎ ③レッドフレイ
  ○ ⑨メイショウエイコウ
  ▲ ⑥コマビショウ

« 「新・中央競馬予想戦記」 2019-10-12 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2019-10-14 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「新・中央競馬予想戦記」 2019-10-12 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2019-10-14 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ