« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

「新・中央競馬予想戦記」 2019-11-30

本日も出先からの簡易うpとなります。

ご了承下さい。


中山08R イルミネーションジャンプS(3上JOP 障害)

◎(08)メドウラーク

◯(05)エアカーディナル

▲(09)ヨカグラ

△(14)ハルキストン


中山09R 葉牡丹賞(2歳1勝クラス 芝中 1点)

◎(03)エヴァーガーデン

◯(02)ローレリスト

▲(10)コスモスタック

△(04)グランデマーレ


中山10R 鹿島特別(3上2勝クラス D短 2点)

◎(03)ガンケン

◯(15)クインズラミントン

▲(05)モルゲンロート


中山11R ステイヤーズS(3上GⅡ 芝長)

◎(02)ヴァントシルム

◯(03)サンシロウ

▲(12)モンドインテロ


阪神09R 再度山特別(3上2勝クラス 芝中 1点)

◎(07)ダンスディライト

◯(01)ブラヴァス

▲(03)アドマイヤジョラス


阪神10R 御影S(3上3勝クラス D短 3点)

◎(16)アメリカンファクト

◯(13)クライシス

▲(09)デピュティプライム


阪神11R チャレンジC(3上GⅢ 芝中)

◎(11)テリトーリアル

◯(04)ロードマイウェイ

▲(07)トリオンフ


中京10R こうやまき賞(2歳1勝クラス 芝短 ①点)

◎(05)メイショウホルダー

◯(03)アサケエース

▲(06)ゴルトファルベン

△(02)アブソルティスモ


中京11R 犬山特別(3上2勝クラス D中 1点)

◎(14)サンモール

◯(03)シゲノブ

▲(16)ディライトプロミス


中京12R 長良川特別(3上1勝クラス 芝中 2点)

◎(03)レッドクーゲル

◯(10)ブラックデビル

▲(15)シークレットアイズ

「新・中央競馬予想戦記」2019年第11開催を振り返って

①11/23、11/24の結果
 (1)11/23の結果
  2勝(カトレア賞、銀嶺S) 4敗
   回収率 25.8%
 (2)11/24の結果
  3勝(シャングリラ賞、ジャパンC、白菊賞) 6敗
   回収率 69.4%
   年間回収率 71.5%
   通算回収率 71.8%

②開催を振り返って
 (1)良かったのはレース数の少ない芝長距離ぐらいで、逆に中距離はさっぱり…
  (全体:49戦61.5% 短:24戦75.1% 中:19戦19.3% 長:6戦144.2%)
 (2)ダート戦なんか、どっちもダメ
  (全体:22戦21.6% 短:12戦19.7% 中長:10戦26.7%)
 (3)京都コースは、狙いすぎて回収が低かった
  (28戦通算 28.5%)
 (4)GⅠは悪くなかったが、数の多いGⅢが足を引っ張った
  (全体:14戦40.2% GⅢ:7戦19.0% GⅡ:3戦38.5% GⅠ:4戦70.9%)

③開催総括
 開催回収率は51.3%と通算以下の水準。
 最終開催を前に、この躓きは痛い。
 しかも、中山コースは今年62.0%(通算71.3%)とかなりの低水準。
 中京も序盤に狙いすぎたのが取り戻せておらず、年間55.7%(通算70.8%)。
 年間目標を考えると、ココは相当狙っていかないと、なんですが、
 11開催も狙いすぎて失敗してるわけだし、
 難解な2歳戦が要所を占めていることを考えると、
 「いつも通りかったけど、配当が思ったよりおいしかった」
 っていう辺りを期待した方が良さげ…。

④11/30、12/1の買い方
 中山:条件戦=複勝 OP以上=枠連
 阪神:条件戦=複勝 OP以上=ワイド
 中京:条件戦=複勝 OP以上=馬連

「新・中央競馬予想戦記」 2019-11-24

本日は出先からの簡易うpとなります。

ご了承下さい。


東京07R ベゴニア賞(2歳1勝クラス 芝短 2点)

◎(03)アオイクレアトール

◯(07)ラッシュアップ

▲(02)ワンスカイ

△(05)ライデン


東京08R オリエンタル賞(3上2勝クラス 芝中 1点)

◎(12)アルミレーナ

◯(01)ピースワンパラディ

▲(07)アストラサンタン


東京09R シャングリラ賞(3上2勝クラス D短 1点)

◎(06)ペイシャネガノ

◯(05)ラディアント

▲(13)オルクリスト


東京10R ウェルカムS(3上3勝クラス 芝中 1点)

◎(01)トラストケンシン

◯(08)ヴァンドギャルド

▲(07)シャンティローザ


東京11R ジャパンC(3上GⅠ 芝長)

◎(02)ワグネリアン

◯(01)カレンブーケドール

▲(09)ルックトゥワイス


京都09R 白菊賞(2歳1勝クラス 芝短 1点)

◎(02)ショウリュウハル

◯(01)レディフォリア

▲(03)ヒルノマリブ


京都10R 渡月橋S(3上3勝クラス 芝短 1点)

◎(02)タイキサターン

◯(02)メリーメーキング

▲(03)キアロスクーロ

京都11R オータムリーフS(3上OP D短)

◎(10)コウエイエンブレム

◯(05)ヴァニラアイス

▲(07)バイラ


京都12R 京阪杯(3上GⅢ 芝短)

◎(07)カラクレナイ

◯(13)リナーテ

▲(06)ライトオンキュー

「新・中央競馬予想戦記」 2019-11-23

11/16の結果
 2勝(フルーツラインC、飯坂温泉特別) 8敗
  回収率 27.5%
11/17の結果
 3勝(晩秋S、マイルチャンピオンシップ、高湯温泉特別) 7敗
  回収率 55.2%
  年間回収率 71.8%
  通算回収率 71.8%
マイルチャンピオンシップこそうまく組み替えて本命込みで的中させたが、
年間回収率が通算回収率の水準まで落ち込んでしまった。
先々週の過剰投入も多少響いてるんだろうが、
やはり予想そのものの爆発力に問題があるのだろう。
もともと、的中精度を高めるアプローチでやっていたのだから、
爆発力を犠牲にして来ている部分はあるのだが、
「競馬に絶対はない」のだから、精度を上げるのにはおのずと限界がある。
その辺りの折り合いの問題なんだろうけど…。
11/23、11/24の買い方は以下の通りですが、
今週もところどころ狙って行きますので、その場合はレースごとに注釈が入ります。
 東京:条件戦=複勝 OP以上=ワイド
 京都:条件戦=単勝 OP以上=枠連

東京09R カトレア賞(2歳1勝クラス D短 1点)
  ◎ ③デュードヴァン
  ○ ⑬ショウナンマリオ
  ▲ ⑯ダノンファラオ
  △ ⑦アメリカンベイビー

東京10R 銀嶺S(3上3勝クラス D短 1点)
  ◎ ②ブルベアイリーデ
  ○ ⑩アームズレングス
  ▲ ①レッドルゼル

東京11R キャピタルS(3上OP 芝短)
  ◎ ⑤ソーグリッタリング(距離相性良好)
  ○ ⑩サトノアーサー(1つ叩いて)
  ▲ ④レッドヴェイロン(近走内容充実)

京都09R 高雄特別(3上2勝クラス 芝長 3点)
  ◎ ⑧サトノシリウス
  ○ ④ヴィッセン
  ▲ ⑥ヒルノダカール

京都10R 花園S(3上3勝クラス D中 ①点)
  ◎ ⑦ヒストリーメイカー
  ○ ⑧サザンブリーズ
  ▲ ⑫ゴルトマイスター

京都11R 京都2歳S(2歳GⅢ 芝中)
  ◎ ④ロールオブサンダー
  ○ ⑧マイラプソディ
  ▲ ③ジャストナウ
 (通常の枠連BOXに加え、3連単(◎→○→▲)1点を購入)

「新・中央競馬予想戦記」 2019-11-17

東京09R 赤松賞(2歳1勝クラス 芝短 1点)
  ◎ ⑪チェーンオブラブ
  ○ ⑤フィオリキアリ
  ▲ ⑧スマイルカナ

東京10R 晩秋S(3上3勝クラス D中 1点)
  ◎ ④フリーフリッカー
  ○ ⑪アシャカトプ
  ▲ ⑭ロジティナ
  △ ⑨アドラメレク

東京11R 霜月S(3上OP D短)
  ◎ ⑧ドリュウ(東京相性良好)
  ○ ⑪ミッキーワイルド(安定感買って)
  ▲ ①スマートダンディー(距離相性良好)
  △ ⑮ストロベリームーン(連勝の勢いで)

京都09R 秋明菊賞(2歳1勝クラス 芝短 ①点)
  ◎ ⑧タケルラスティ
  ○ ⑨ジュビリーヘッド
  ▲ ⑪ロードエクスプレス
  △ ⑤ピュアカラー

京都10R 嵯峨野特別(3上2勝クラス 芝中 1点)
  ◎ ⑤ダンスディライト
  ○ ④バイオスパーク
  ▲ ②マイネルズイーガー

京都11R マイルチャンピオンシップ(3上GⅠ 芝短)
  ◎ ⑤インディチャンプ
  ○ ⑮ダイアトニック
  ▲ ⑭ダノンプレミアム
  △ ①ダノンキングリー
 2頭の「ダノン」、特に⑭に注目が集まっているが、
 その2頭は押さえつつ、本命は今年の安田記念勝馬⑤を本命視。
 マイル戦5勝は④とともメンバー中トップ。
 前走は①の後塵を拝したが、もともとマイルで走ってこその馬。
 一叩きして得意条件に戻る今回は逆転充分と見る。
 対抗は京都1400mでは5戦5勝で、現在連勝中の⑮。
 外目の枠は気になるが、マイル戦もこなせる馬なので、
 地の利を活かせば一気の戴冠まであると見るが…。
 「ダノン」2頭では、やはり前走の秋天
 アーモンドアイの2着と食い下がった⑭を上位に取る。
 マイル戦も4戦3勝と得意にしており、枠順以外では穴が無さそう。
 ①は、内目の枠を引いた点は高評価も、
 乗り替わりと初の関西遠征と未知数の点が少なくない。
 こなせば逆転も充分な一方、リスクが大きく見えるので評価控えめで。

京都12R 西陣S(3上3勝クラス D短 2点)
  ◎ ⑦グロワールシチー
  ○ ⑨マラードザレコード
  ▲ ⑧ヘルディン

福島10R 高湯温泉特別(3上1勝クラス 芝中 1点)
  ◎ ⑪クリノオウジャ
  ○ ⑭ホウオウエーデル
  ▲ ⑦ツクバソヴァール

福島11R 福島民友C(3上OP D中)
  ◎ ③ショーム(福島実績買って)
  ○ ⑦ジョーダンキング(先行力評価)
  ▲ ⑩メイショウエイコウ(鞍上も魅力)

福島12R 会津特別(3上2勝クラス 芝短 ①点)
  ◎ ⑯ヒロイックアゲン
  ○ ⑭バーミーブリーズ
  ▲ ⑨キャスパリーグ

「新・中央競馬予想戦記」 2019-11-16

11/9の結果
 3勝(京都ジャンプS、三春駒特別、相馬特別) 7敗
  回収率 46.0%
11/10の結果
 3勝(tvk賞、オーロC福島2歳S) 7敗
  回収率 61.5%
  年間回収率 72.5%
  通算回収率 71.9%
 先週は5つも重賞があったのに、重賞での回収は障害戦のみ。
 見事なまでの「裏街道巡り」っぷりを発揮してるわけですが…。
 エリザベス女王杯に関しては…、ちょっと遊びが過ぎましたかねぇ…。
 11/16&11/7の買い方は以下の通り。
  東京:条件戦=複勝 OP以上=ワイド
  京都:条件戦=単勝 OP以上=枠連(マイルCSは変更の場合有)
  福島:条件戦=複勝 OP以上=ワイド

東京08R 秋陽ジャンプS(3上JOP 障害)
  ◎ ⑩マイネルレオーネ(惜しい競馬続く)
  ○ ④コウユーヌレエフ(東京実績買って)
  ▲ ⑦クリノサンスーシ(相手なりに走る)

東京09R 伊勢佐木特別(3上2勝クラス D中 ①点)
  ◎ ⑪アンダープロミス
  ○ ⑤リヴィエラ
  ▲ ⑨ウラノメトリア

東京10R ユートピアS(3上3勝クラス 芝短 1点)
  ◎ ⑥トーセンプレス
  ○ ⑧レジーナドーロ
  ▲ ⑩レッドベルローズ
  △ ⑦シトラスノート

東京11R 東京スポーツ杯2歳S(2歳GⅢ 芝中)
  ◎ ①ラインベック
  ○ ④ゼンノジャスタ
  ▲ ③オーロラフラッシュ

京都09R もちの木賞(2歳1勝クラス D中 1点)
  ◎ ⑤キンノマサカリ
  ○ ①ショウナンナデシコ
  ▲ ⑥ハクアイウィンザー

京都10R 比叡S(3上3勝クラス 芝中 1点)
  ◎ ⑤ラテュロス
  ○ ⑬レオコックブルー
  ▲ ①ギャラッド

京都11R アンドロメダS(3上OP 芝中)
  ◎ ①トリコロールブルー(鞍上も魅力)
  ○ ⑭ジェシー(距離実績高い)
  ▲ ⑥アイスストーム(OPなら)

福島10R 土湯温泉特別(3上1勝クラス D中 ①点)
  ◎ ⑧ダノングリスター
  ○ ⑬タマモサンシーロ
  ▲ ③カゼノウィナー
  △ ⑫ウィンドオブホープ

福島11R フルーツラインC(3上2勝クラス 芝長 1点)
  ◎ ①シャイニーゲール
  ○ ⑦ウェディングベール
  ▲ ⑪コンタクトレス
  △ ⑩ディバインフォース

福島12R 飯坂温泉特別(3上1勝クラス 芝短 ①点)
  ◎ ⑩ヴォイスオブジョイ
  ○ ⑤フジマサディープ
  ▲ ③ニシノドレッシー

「新・中央競馬予想戦記」 2019-11-10

11/2の結果
 5勝(南武特別、ノベンバーS、近江特別、磐梯山特別、河北新報杯)
 1分(京王杯2歳S) 3敗
  回収率 84.0%
11/3の結果
 3勝(晩秋S、みちのくS、西郷特別) 6敗
  回収率 51.1%
  年間回収率 73.0%
  通算回収率 71.9%
相変わらず「小さく勝って大きく負ける」の繰り返し。
大きいのを狙ってないんだから、当り前と言えば当り前なんですが、
だからって大きいのを狙いに行くと、
少なくとも今年に関しては成功してないわけで…。
でも、今週はちょっと狙ってみようかな、と…。

東京09R tvk賞(3上2勝クラス 芝中 1点)
  ◎ ⑧レッドサイオン
  ○ ⑩ステイオンザトップ
  ▲ ⑦サトノルーラー
  △ ⑨ロフティフレーズ

東京10R 奥多摩S(3上3勝クラス 芝短 1点)
  ◎ ②アンリミット
  ○ ⑩ウィンドライジズ
  ▲ ⑧レノーア

東京11R オーロC(3上OP 芝短)
  ◎ ⑯プールヴィル(距離相性良好)
  ○ ⑨ジョイフル(近走内容充実)
  ▲ ⑰メイケイダイハード(斤量恵まれた)

京都09R 黄菊賞(2歳1勝クラス 芝中 1点)
  ◎ ③ブルーミングスカイ
  ○ ⑤キムケンドリーム
  ▲ ⑩ジャストナウ

京都10R 修学院S(3上3勝クラス 芝中 2点)
  ◎ ④スパイラルダイブ
  ○ ②サンティール
  ▲ ⑦ワイプティアーズ

京都11R エリザベス女王杯(3上GⅠ 芝中)
  ◎ ⑧クロノジェネシス
  ○ ⑪ラヴズオンリーユー
  ▲ ⑯スカーレットカラー
  △ ②ラッキーライラック
  × ⑥クロコスミア
 本命は、秋華賞馬⑧。
 GⅠを勝った勢いはもちろん、4着以下が無いので
 相手なりに走れる、という連軸的な意味でも使える。
 対抗には、オークス以来の競馬となる⑪。
 ブッツケ本番というのは気になるが、
 一応無敗馬なのでソコは無視できない。
 3番手には、牝馬限定戦で実績を積んできた⑯。
 外めの枠順が気になるが、
 勢いの面ではこの馬も負けてないと言えるだろう。
 あとは、最近関西で成績が上がってないが鞍上は魅力の②、
 2年連続2着の「唯一のリピーター」⑥辺りが無視できない。
 馬券的には、以下の通り。
  (1)◎○▲の枠連BOX(昨日の宣言通り)<3点>
  (2)ワイド⑥-⑧1点(「クロクロ」のワイド)<1点>
  (3)((2)の派生)3連複2頭軸(⑥⑧)からの流し(⑪⑯②)<3点>

京都12R ドンカスターC(3上2勝クラス D短 2点)
  ◎ ⑥セラピア
  ○ ⑩サンライズカラマ
  ▲ ②マヤノフロスティ
  △ ⑪ジャスパーモア

福島10R 福島2歳S(2歳OP 芝短)
  ◎ ⑤メメントモリ
  ○ ⑥カイルアコナ
  ▲ ⑨エリーグランプリ

福島11R 福島記念(3上GⅢ 芝中)
  ◎ ⑩クレッシェンドラヴ
  ○ ⑤レッドローゼス
  ▲ ②リリックドラマ
  △ ⑥デンコウアンジュ
 本命は、騎手の格が他よりも上な感じの⑩。
 直線の短い福島では詰めが甘くなるようだが、
 3戦して2着3回なら充分好相性っぽいので、今回も勝ち負けと見る。
 対抗&3番手には福島向けの脚質の馬をチョイス。
 ⑤は、春シーズンに同じ条件のOP戦を勝ってるし、
 連対率も高いので、今回も期待。
 ②は、昇級戦となる分斤量も軽くなってるので逃げ切りまであると見る。
 あとは、年齢的にアレだが実績上位の⑥を押さえておく。

福島12R 福島放送杯(3上2勝クラス D中 ①点)
  ◎ ⑭ヒルノサルバドール
  ○ ①メイショウササユリ
  ▲ ⑩シゲノブ

「新・中央競馬予想戦記」 2019-11-09

本日は出先からのうpとなりますので、
先週の結果と総括は明日以降に回します。ご了承ください。
11/9&11/10の買い方は以下の通りです。
 東京:条件戦=複勝 OP以上=ワイド
 京都:条件戦=単勝 OP以上=枠連
 福島:条件戦=複勝 OP以上=ワイド

東京09R オキザリス賞(2歳1勝クラス D短 1点)
  ◎ ⑨ジェネティクス
  ○ ⑧ニシノミンクス
  ▲ ⑩ポンポンショコラ

東京10R 三鷹特別(3上2勝クラス 芝短 1点)
  ◎ ⑤アイスフィヨルド
  ○ ④ブレイブメジャー
  ▲ ⑥カルリーノ

東京11R 武蔵野S(3上GⅢ D短)
  ◎ ③デュープロセス
  ○ ⑤エアアルマス
  ▲ ⑬スウィングビート
  △ ⑭アディラート
 本命は、休み明けの対古馬初戦で5着だった③。
 今回は鞍上も強化されるし、1つ叩いた分の上積みも期待できそうだ。
 対抗には、3連勝中と勢いのある⑤。
 初の左回りというのが気になるところではあるが、
 鞍上との相性も良く、こなせば逆転も充分。
 3番手には、東京D1600m4勝と実績の高い⑬。
 再昇級初戦を無難にこなし、得意の距離でさらなる上昇に期待したい。
 あとは、前走③に勝った⑭。
 距離延長と鞍上変更が気になるが、地力上位で無視できない。

京都08R 京都ジャンプS(3上JGⅢ 障害)
  ◎ ③ディライトフル
  ○ ④テイエムコンドル
  ▲ ⑬ミヤジタイガ
 休み明けの前走でいきなり勝ってみせた③が本命。
 やはり地脚のある馬は違う。
 鞍上との相性も良く、コース実績もあるので今回も勝ち負けと見る。
 対抗以下も地脚のある馬から。
 対抗は初の障害OP戦となった前走でいきなり2着(しかも僅差)と
 地脚のあるところを見せた④。
 3番手は、中山グランドジャンプ以来となるが距離実績もある⑬。
 平地でOPまで行ってる馬なので、鞍上とうまくかみ合えば逆転も。

京都09R 宝ヶ池特別(3上2勝クラス 芝短 1点)
  ◎ ⑥トップオブメジャー
  ○ ①ショウボート
  ▲ ③ドラグーンシチー

京都10R 観月橋S(3上3勝クラス D中 ①点)
  ◎ ⑦パキュートハート
  ○ ③グレートタイム
  ▲ ②タガノファジョーロ

京都11R デイリー杯2歳S(2歳GⅡ 芝短)
  ◎ ⑥インザムード
  ○ ⑧ライティア
  ▲ ③ペールエール
  △ ⑨[地]エキサイター

福島10R 三春駒特別(3上1勝クラス 芝中 ①点)
  ◎ ⑪グレイテスト
  ○ ⑭マイネルウィルトス
  ▲ ⑫アラスカ

福島11R 奥羽S(3上3勝クラス D中 ①点)
  ◎ ⑦リワードアンヴァル
  ○ ⑫ボードウォーク
  ▲ ①リフトトゥヘヴン
  △ ⑭ナムラカメタロー

福島12R 相馬特別(3上1勝クラス 芝短 1点)
  ◎ ⑥エヴァイエ
  ○ ⑤バカラクイーン
  ▲ ⑦カクテルドレス

「新・中央競馬予想戦記」 2019-11-03

東京08R 百日草特別(2歳1勝クラス 芝中 ①点)
  ◎ ④ブレッシングレイン
  ○ ①アカイイト
  ▲ ③ホウオウピースフル
  △ ②ヒシタイザン

東京10R 錦秋S(3上3勝クラス D短 ①点)
  ◎ ②アームズレングス
  ○ ⑦ワイルドカード
  ▲ ⑩バトルスピリッツ

東京11R アルゼンチン共和国杯(3上GⅡ 芝長)
  ◎ ⑤ルックトゥワイス
  ○ ④アイスバブル
  ▲ ⑩トラストケンシン
 同じ条件で勝った目黒記念以来の競馬となるが、⑤がやや抜けている印象。
 この距離で唯一2勝している馬でもあるし、東京コースとの相性も良さそう。
 対抗以下は混戦模様なので、買い目は絞っていく。
 対抗には、その目黒記念で2着だった④。
 前走は案外出し、そこからの間隔も空いてるが、
 斤量差は広がっているので、逆転の余地はある。
 福永騎手には選んでもらえなかったが、浜中騎手との相性も悪くなさそう。
 3番手には、今だ条件級ではあるが、その分斤量には恵まれている⑩。
 前走負けた①は鞍上も強化され、さらなる勝負気配ではあるが、
 コレも斤量差は広がっているので、
 少なくとも①との力関係で見劣りはしない。
 また、こちらも手の合う三浦騎手に戻っているのも心強いと見るが…。

京都09R 醍醐特別(3上2勝クラス 芝短 ①点)
  ◎ ⑥ピエナミント
  ○ ①オースミカテドラル
  ▲ ⑧ロケット
  △ ⑨ハーフバック

京都10R 清水S(3上3勝クラス 芝短 1点)
  ◎ ⑤トライン
  ○ ⑨メイショウオーパス
  ▲ ⑥ドリームソルジャー

京都11R みやこS(3上GⅢ D中)
  ◎ ⑤スマハマ
  ○ ①ヴェンジェンス
  ▲ ⑨アナザートゥルース
  △ ④アングライフェン
 ウラがJBCとなるこのレースに集まる馬は、
 やはり難解なメンバーになることが多いということだろう。
 本命と対抗の差はわずか。
 距離実績の高さから⑤をいちおう本命視しているが、
 休み明けを無難にこなした①の上がり目も侮れない。
 3番手以下も難解。
 ポイント的には④優位なのだが、年齢的に曲がり角なので評価下げ。
 とはいえ、前走の内容は無視できないので、買い目には残す。
 代わって浮上するのは、D1800m実に6勝を誇る⑨。
 力勝負向けとはいえ、実績上位でもあるので、ココは逆転含みで。

福島09R きんもくせい特別(2歳1勝クラス 芝中 2点)
  ◎ ③ブライティアランド
  ○ ④エバービクトリア
  ▲ ⑥エヴァーガーデン
  △ ②ココロノトウダイ

福島11R みちのくS(3上3勝クラス 芝短 1点)
  ◎ ④エンゲージリング
  ○ ③ダイシンバルカン
  ▲ ②ジョーマンデリン

福島12R 西郷特別(3上2勝クラス D短 1点)
  ◎ ⑨ヒイナヅキ
  ○ ⑥メジャーレート
  ▲ ⑭ガンケン

「新・中央競馬予想戦記」 2019-11-02

東京09R 南武特別(3上2勝クラス 芝長 ①点)
  ◎ ⑦サンシロウ
  ○ ⑤ヴァンクールシルク
  ▲ ⑥サトノラディウス
  △ ②レッドボヌール

東京11R ノベンバーS(3上3勝クラス 芝中 ①点)
  ◎ ④サトノエルドール
  ○ ⑤アシュリン
  ▲ ③レッドラフェスタ

東京11R 京王杯2歳S(2歳GⅡ 芝短)
  ◎ ②マイネルグリット
  ○ ⑧ビアンフェ
  ▲ ⑤ヴァルナ
  △ ⑦カイトレッド

京都09R 近江特別(3上2勝クラス 芝中 ①点)
  ◎ ③グロオルロージュ
  ○ ⑦ブレイニーラン
  ▲ ⑧ナムラムツゴロー
  △ ④アドマイヤジョラス

京都10R 貴船S(3上3勝クラス D短 ①点)
  ◎ ⑭デターミネーション
  ○ ⑧ウォータースペース
  ▲ ⑪タガノジーニアス

京都11R ファンタジーS(2歳GⅢ 芝短)
  ◎ ⑧モズアーントモー
  ○ ⑦ケープコッド
  ▲ ⑪ヒルノマリブ
  △ ⑥レシステンシア

福島10R 磐梯山特別(3上1勝クラス 芝長 1点)
  ◎ ⑬ブラックハーデス
  ○ ⑨マイネルステレール
  ▲ ④スマイル

福島11R 河北新報杯(3上2勝クラス 芝短 1点)
  ◎ ⑭スギノヴォルケーノ
  ○ ⑬ヒロイックアゲン
  ▲ ⑤オフクヒメ

福島12R 二本松特別(3上1勝クラス 芝中 2点)
  ◎ ②デクレアラー
  ○ ⑧マイネルザウバア
  ▲ ③ヘブンリーデイズ

「新・中央競馬予想戦記」2019年第10開催を振り返って

①10/19、10/20、10/21、10/26、10/27の結果
 (1)10/19の結果
  3勝(赤富士S、妙高特別、稲光特別) 1分(アイビーS) 5敗
   回収率 41.3%
 (2)10/20の結果
  3勝(桂川S、菊花賞、飛翼特別) 1分(甲斐路S) 7敗
   回収率 57.1%
 (3)10/21の結果
  3勝(三峰山特別、テレビ静岡賞、オクトーバーS)
   回収率 241.7%
 (4)10/26の結果
  6勝(神奈川新聞杯、神無月S、古都S、スワンS、萬代橋特別、松浜特別)
  1分(萩S) 2敗
   回収率 81.4%
 (5)10/27の結果
  5勝(河口湖特別、紅葉S、西湖特別、壬生特別、寺泊特別)
  1分(カシオペアS) 5敗
   回収率 61.4%
   年間回収率 72.9%
   通算回収率 71.9%

②開催を振り返って
 (1)重賞は、GⅡだけ良かった
  (全体:11戦67.1% GⅢ:3戦0.0% GⅡ:5戦121.5% GⅠ:3戦26.7%)
 (2)2勝クラス(1000万下)もまあまあ良かった
  (25戦通算 96.4%)
 (3)ダート戦も、全体としてまあまあ良かった
  (全体:23戦94.4% 短:13戦94.4% 中長:10戦90.7%)
 (4)2歳限定戦、3歳限定戦の数字が伸びてこない
  (2歳限定戦:9戦通算29.1% 3歳限定戦:2戦通算35.6%)

③開催総括
 開催回収率は76.4%と平均的。
 多くのカテゴリーで回収率60%~70%だったので、「振り返り」も項目少なめ。
 それなりに長い期間回収率を付けているが、
 年に1~2回大きい回収が無いと、
 その年は通算回収率前後の数字で収まってることを考えると、
 今年もこのままでは「それなり」の年で終わってしまう可能性が高い。
 かと言って、狙いに行き過ぎても今年は今のところうまく行ってないので、
 動くべきか(動くなら最終開催の中京辺りだろうが…)動かざるべきか、迷うところ。

④11/2、11/3の買い方
 東京:条件戦=複勝 OP以上=ワイド
 京都:条件戦=複勝 OP以上=ワイド
 福島:条件戦=複勝 OP以上=枠連

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ