« 「新・中央競馬予想戦記」 2019-11-02 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2019-11-09 »

「新・中央競馬予想戦記」 2019-11-03

東京08R 百日草特別(2歳1勝クラス 芝中 ①点)
  ◎ ④ブレッシングレイン
  ○ ①アカイイト
  ▲ ③ホウオウピースフル
  △ ②ヒシタイザン

東京10R 錦秋S(3上3勝クラス D短 ①点)
  ◎ ②アームズレングス
  ○ ⑦ワイルドカード
  ▲ ⑩バトルスピリッツ

東京11R アルゼンチン共和国杯(3上GⅡ 芝長)
  ◎ ⑤ルックトゥワイス
  ○ ④アイスバブル
  ▲ ⑩トラストケンシン
 同じ条件で勝った目黒記念以来の競馬となるが、⑤がやや抜けている印象。
 この距離で唯一2勝している馬でもあるし、東京コースとの相性も良さそう。
 対抗以下は混戦模様なので、買い目は絞っていく。
 対抗には、その目黒記念で2着だった④。
 前走は案外出し、そこからの間隔も空いてるが、
 斤量差は広がっているので、逆転の余地はある。
 福永騎手には選んでもらえなかったが、浜中騎手との相性も悪くなさそう。
 3番手には、今だ条件級ではあるが、その分斤量には恵まれている⑩。
 前走負けた①は鞍上も強化され、さらなる勝負気配ではあるが、
 コレも斤量差は広がっているので、
 少なくとも①との力関係で見劣りはしない。
 また、こちらも手の合う三浦騎手に戻っているのも心強いと見るが…。

京都09R 醍醐特別(3上2勝クラス 芝短 ①点)
  ◎ ⑥ピエナミント
  ○ ①オースミカテドラル
  ▲ ⑧ロケット
  △ ⑨ハーフバック

京都10R 清水S(3上3勝クラス 芝短 1点)
  ◎ ⑤トライン
  ○ ⑨メイショウオーパス
  ▲ ⑥ドリームソルジャー

京都11R みやこS(3上GⅢ D中)
  ◎ ⑤スマハマ
  ○ ①ヴェンジェンス
  ▲ ⑨アナザートゥルース
  △ ④アングライフェン
 ウラがJBCとなるこのレースに集まる馬は、
 やはり難解なメンバーになることが多いということだろう。
 本命と対抗の差はわずか。
 距離実績の高さから⑤をいちおう本命視しているが、
 休み明けを無難にこなした①の上がり目も侮れない。
 3番手以下も難解。
 ポイント的には④優位なのだが、年齢的に曲がり角なので評価下げ。
 とはいえ、前走の内容は無視できないので、買い目には残す。
 代わって浮上するのは、D1800m実に6勝を誇る⑨。
 力勝負向けとはいえ、実績上位でもあるので、ココは逆転含みで。

福島09R きんもくせい特別(2歳1勝クラス 芝中 2点)
  ◎ ③ブライティアランド
  ○ ④エバービクトリア
  ▲ ⑥エヴァーガーデン
  △ ②ココロノトウダイ

福島11R みちのくS(3上3勝クラス 芝短 1点)
  ◎ ④エンゲージリング
  ○ ③ダイシンバルカン
  ▲ ②ジョーマンデリン

福島12R 西郷特別(3上2勝クラス D短 1点)
  ◎ ⑨ヒイナヅキ
  ○ ⑥メジャーレート
  ▲ ⑭ガンケン

« 「新・中央競馬予想戦記」 2019-11-02 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2019-11-09 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「新・中央競馬予想戦記」 2019-11-02 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2019-11-09 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ