« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

「新・中央競馬予想戦記」2019年間総括

~凡例~
UP=通算回収率が前年比1%超上昇
STAY=通算回収率が前年比±1%以内変化
DOWN=通算回収率が前年比1%超下降

(1)年齢、距離、馬場別(カッコ内は通算の数字)
 ①2歳限定戦 56戦37.2%(870戦81.5%) DOWN
 ②3歳限定戦 95戦71.3%(1582戦68.1%) STAY
 ③3歳以上戦 484戦63.6%(7518戦72.6%) STAY
 ④4歳以上戦 286戦87.6%(4110戦80.6%) STAY
 ⑤芝戦全体 646戦74.5%(10311戦73.7%) STAY
  [1]短距離(1000~1600) 303戦65.8%(4849戦72.7%) STAY
  [2]中距離(1700~2200) 271戦81.7%(4333戦76.5%) STAY
  [3]長距離(2300~3600) 72戦88.2%(1129戦67.2%) UP
 ⑥ダート戦全体 256戦59.9%(3802戦71.2%) STAY
  [1]短距離(1000~1600) 125戦76.7%(1734戦72.7%) STAY
  [2]中長距離(1700~2400) 131戦41.7%(2068戦69.9%) DOWN
 昨年良かった2歳限定戦が急降下。
 3歳限定戦が通算よりも良かったので、
 現3歳世代との相性が割と良かったのかも知れないが、
 逆に言うと来年の3歳限定戦が今から心配。
 また、ダート中長距離も低調。
 レース数から言えばそこまで大きな影響力があるわけではないが、
 それにしても回収率が低すぎる。
 何が良くなかったんだろうか…。

(2)条件別(カッコ内は通算の数字)
 ①1勝クラス(旧500万下) 189戦86.2%(3382戦75.2%) STAY
 ②2勝クラス(旧1000万下) 294戦57.1%(4642戦73.8%) DOWN
 ③3勝クラス(旧1600万下) 184戦72.0%(2445戦71.0%) STAY
 ④オープン戦 119戦69.0%(1801戦66.6%) STAY
 ⑤重賞全体 13戦71.2%(2055戦75.7%) STAY
  [1]GⅢ 69戦70.0%(1098戦77.2%) STAY
  [2]GⅡ 38戦98.5%(575戦81.3%) UP
  [3]GⅠ 27戦39.7%(382戦63.4%) DOWN
 GⅠが痛恨のDOWN。今年の数字がやはり良くない。
 以前から「裏街道の男」と言っているように、
 より下の格のレースだけ当たる感じになってるんですよね。
 今年は、OP戦が通算より良かったのも、その影響かな?
 ただ、割とレース数の多い2勝クラスがDOWNしたのが痛い。
 降格システムがなくなって、ココに影響が出てきたのかも…。

(3)競馬場別(通算のみ、カッコ内は昨年までの数字。比較はカッコ内の数字とのもの)
  ①中山競馬場 1692戦71.00%(1558戦71.1%)STAY
  ②東京競馬場 1861戦71.43%(1712戦69.5%)UP
  ③阪神競馬場 1725戦70.94%(1590戦70.2%)STAY
  ④京都競馬場 1881戦67.36%(1739戦67.7%)STAY
  ⑤福島競馬場 808戦69.14%(747戦69.1%)STAY
  ⑥新潟競馬場 1092戦67.38%(1012戦68.1%)STAY
  ⑦中京競馬場 1035戦69.69%(954戦73.5%)DOWN
  ⑧小倉競馬場 806戦81.19%(807戦80.4%)STAY
  ⑨函館競馬場 542戦78.68%(505戦78.7%)STAY
  ⑩札幌競馬場 600戦80.70%(560戦84.4%)DOWN
 昨年「中京は回復傾向」と言いましたが、あれは嘘でした。
 でも、もっとショックなのは、毎年あてにしてる札幌競馬場がDOWNに転じたこと。
 唯一の吉兆は、レース数の多い中央4場の東京競馬場がUPしたこと。
 来年もこの調子が持続できて、他でよほどのヘマを打たなければ…。

(4)年間総括
 ほぼ通算回収率水準の年間回収率で終わってしまった2019年。
 昨年も書いたように、大きいところを1つ2つ当てて行かないと、
 数字的にはこういう感じになってしまうわけです。
 でも、狙っていくとだいたい失敗するし、
 そういう意味で頼りにしてた札幌競馬場がもうそこまでアテにならないのも問題。
 新たな金脈を見つけないと…。

(5)2020年の目標
 年間回収率80%。
 情けない限りですが、この辺りまで一度戦線を後退させないと、
 予想そのものが荒れそうなので、御容赦願いたい。

「新・中央競馬予想戦記」2019年第12開催を振り返って

①12/21、12/22、12/28の結果
 (1)12/21の結果
  1勝(摩耶S) 6敗
   回収率 14.7%
 (2)12/22の結果
  4勝(ノエル賞、有馬記念、千両賞、サンタクロースS) 5敗
   回収率 72.5%
 (3)12/28の結果
  3勝(ベストウィッシュC、フォーチュンC、ベテルギウスS) 6敗
   回収率 66.0%
   年間回収率 71.2%
   通算回収率 71.8%

②開催を振り返って
 (1)重賞は、GⅢだけが良くて、2戦のみとはいえGⅡは回収ゼロ…
  (全体:12戦46.1% GⅢ:4戦115.3% GⅡ:2戦0.0% GⅠ:6戦13.0%)
 (2)芝戦は、中距離が良かった
  (全体:55戦83.2% 短:29戦55.8% 中:19戦134.2% 長:7戦52.5%)
 (3)阪神コースが好成績
  (31戦通算 112.4%)
 (4)中京コースが低調
  (19戦通算 22.4%)
 (5)ダート戦は短距離がイマイチ…
  (全体:27戦55.0% 短:15戦38.8% 中長:11戦72.7%)

③開催総括
 開催回収率は68.0%とイマイチ。
 この影響もあって、年間回収率<通算回収率という1年になってしまいました。
 印を打った馬の入着率がとにかく悪かったので、
 むしろうまく回収できてる方、と言えなくもないが、
 そもそも予想がダメ、ということなので、何とかしないと、なんですが…。
 続けて、年間総括も上げていきます。

2019「勝手に映画賞」&映画反省&今札幌の映画館に起きていること

①2019「勝手に映画賞」&映画反省
 (1)映画関連の反省
  レビューを復活させるとか言っておいて、
  結局最初の10本ぐらいでストップしてしまいました。
  スマホゲーのやりすぎが原因だというのはわかってるんですが、
  スパっとやめれるほどダメダメな状況でもないので、
  だらだら続けてしまってます。
  というわけで、今年も「勝手に映画賞」はベスト&ワーストのみとなります。
 (2)2019「勝手に映画賞」
  ベスト
   春画と日本人
  選定理由
   実に映画らしい(年齢制限をしっかりかけられる)内容と
   日本の様々な闇を浮き彫りにしている点
  ワースト
   アド・アストラ
  選定理由
   無駄な死人多すぎ。そのくせイマイチなラスト…
 (3)映画館別鑑賞数(②にも関連してくる話)
  ・総鑑賞数=213本
  ・札幌シネマフロンティア(JR札幌駅直結)=68本(32%)
  ・ユナイテッドシネマ札幌(全国チェーン、IMAX&4DX有)=50本(24%)
  ・シアターキノ(札幌唯一の単館系)=58本(27%)
  ・札幌劇場(地場系のシネコン、5月で閉館)=35本(16%)
  ・札幌プラザ2・5(元東宝系映画館。現在貸館扱い)=2本(1%)


②今年札幌の映画館で起きたこと&来年の話
 スクリーン6枚を備えていた地場系シネコン「札幌劇場」が
 5月に閉館しました。
 ちなみに、まだ入ってたビルは残ってます(他テナントとの兼ね合い)。
 2018年も映画館別鑑賞シェアでトップだったように、
 割とニッチな映画といろいろやってくれた映画館だったんですが、
 一気にスクリーン6枚分の映画を他の3館でカバーするのは難しく、
 6月13本、7月11本、8月10本と鑑賞数自体も減少傾向。
 9月ぐらいから映画館間の多少調整がついたのか、
 鑑賞数も復活しましたが、終電逃さないと観れない映画があったりと、
 鑑賞環境は決して良化しているとは言えません。
 それでいて、シアターキノで早々に公開が決まっていた
 「ジョジョ・ラビット」が札幌シネマフロンティアでも11月ぐらいに
 公開予告を出してきたように、決して大きくないパイの奪い合いも起きております。
 まぁ、お互い私企業なわけですから、
 集客のためのコンテンツを揃えなければならないわけですし、
 観る側としても満員で入れない、
 なんてことになれば鑑賞機会を失いかねないわけですが、
 そうでなくても限られたスクリーン数の中で、
 こういった重複公開があまりにも増えすぎてしまうのは、
 それはそれで多様な映画の鑑賞機会を失うわけですから、
 痛しかゆしなわけですよ…。
 そこで、現在貸館扱いの「札幌プラザ2・5」を、
 「札幌劇場」の持ち会社が借り切って、
 現有の貸し館としてのスクリーン2枚にさらに2枚増やし4スクリーン体制で
 「札幌劇場」を復活させるという報道がなされました
 (2枚の増やし方については不明)。
 この持ち会社も経営母体が最近地場系に戻ったのを機に、
 札幌での映画館事業を再開させようということで今回の報道に至ったようです。
 1枚は道内でも屈指の大型スクリーンなので
 (封切館時代に「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールドエンド」を
 このスクリーンで観た)、
 大作にも対応できるのは大きいですね。
 だた、こうなると今テナントの都合でのみ生き残ってる
 元「札幌劇場」の立つ瀬が無いというか…。
 あと、「ユナイテッドシネマ札幌」にはもうちょっと頑張ってほしかったなぁ、
 というのもありますが、集客目論見の問題もありますからねぇ。
 
 来年の映画始はまだ未定です。

「新・中央競馬予想戦記」 2019-12-28

先週(12/21&12/22)の結果は、

本日の結果ともども「年間総括」

でまとめて報告させていただきます。

12/28の買い方は以下の通り。

中山:条件戦=複勝 OP以上(=ホープフルS)=3連複

阪神:条件戦=単勝 OP以上(=ベテルギウスS)=馬連

 

なお、今回も出先からの簡易うpとなります。

ご了承下さい。

 

 

中山07R YJSファイナル-中山①(3上1勝クラス 芝中 1点)

◎(04)ソイルトゥザソウル

◯(10)フラッフィーベア

▲(14)ヒドゥンパラメータ

△(12)クリノオスマン

 

中山09R YJSファイナル-中山②(3上2勝クラス D中 ①点)

◎(07)オンザロックス

◯(05)ダイシンインディ

▲(02)リョウランヒーロー

△(04)シゲルポインター

 

中山10R 立志S(3上3勝クラス 芝短 1点)

◎(02)ミッキーブリランテ

◯(15)ルガールカルム

▲(07)フレッチア

 

中山11R ホープフルS(2歳GⅠ 芝中)

◎(02)コントレイル

◯(11)オーソリティ

▲(07)ワーケア

△(01)ブラックホール

 

中山12R ベストウィッシュC(3上2勝クラス 芝短 1点)

◎(15)ミエノウインウイン

◯(09)セリユーズ

▲(12)コスモヨハネ

 

阪神09R 春待月賞(3上2勝クラス D短 2点)

◎(03)ヒルノサルバドール

◯(11)コマノバルーガ

▲(13)ケイアイターコイズ

 

阪神10R フォーチュンC(3上2勝クラス 芝中 ①点)

◎(10)ヒンドゥタイムズ

◯(02)ムーンレイカー

▲(01)ラクローチェ

△(16)プライドランド

阪神11R ベテルギウスS(3上OP D中)

◎(10)スマハマ(持時計優秀)

◯(07)ワイルドカード(安定感買って)

▲(05)コマビショウ(連勝の勢いで)

 

阪神12R ファイナルS(3上3勝クラス 芝短 1点)

◎(13)スギノヴォルケーノ

◎(11)エイティーンガール

▲(16)ブライティアレディ

△(12)バーミーブリーズ

「新・中央競馬予想戦記」 2019-12-22

12/14の結果
 2勝(香取特別、タンザナイトS) 7敗
  回収率 102.2%
12/15の結果
 5勝(舞浜特別、ディセンバーS、北摂特別、元町S、尾張特別)
 1分(北総S) 4敗
  回収率 73.5%
  年間回収率 71.7%
  通算回収率 71.8%
 2勝しかしてないのに回収プラスの土曜日。
 5勝(+1分)でも回収マイナスの日曜日。
 ワシの買い方の本質を見事についてくる結果といえる。
 土曜日みたいな結果を毎週出せれば、
 楽しく競馬を続けられるんでしょうけど、
 回収率的には日曜日みたいな結果が
 ベースになってるんだと思うんですよね、ワシの場合…。
 まぁ、日曜の結果でも良い方といえば良い方なんですが…。


中山08R グッドラックハンデキャップ(3上2勝クラス 芝長 1点)
  ◎ ①ヴァイスブリッツ
  ○ ④シュプリーム
  ▲ ⑤エイプリルミスト
  △ ⑫ボスジラ

中山09R ノエル賞(3上2勝クラス 芝中 ①点)
  ◎ ⑧グレイテスト
  ○ ⑩クリッパー
  ▲ ④ロフティフレーズ

中山10R フェアウェルS(3上3勝クラス D短 ①点)
  ◎ ⑭スズカグラーテ
  ○ ⑯シスル
  ▲ ③メイショウミライ

中山11R 有馬記念(3上GⅠ 芝長)
  ◎ ⑨アーモンドアイ
  ○ ⑥リスグラシュー
  ▲ ⑩サートゥルナーリア
 と、予想はしてみたんですが、
 オッズを見ちゃったのと「3枠はこの秋強枠」というのが
 すっかり周知されてしまったので、
 まず枠連3-5(前日オッズ3.5倍)の1点で上記の予想をほぼ全部カバー。
 しかし、上記の通りオッズが低いので、
 有馬記念らしい「お祭り馬券」を追加。
 某ラジオNIKKEIで聞いた「令和馬券」ということで、
 枠連4-4(4枠の馬の頭2文字を取ると「レイ」「ワー」となる)
 の1点(前日オッズ61.3倍)を追加。
 まぁ、だいたい狙ったら来ないんですけどね…。

中山12R クリスマスC(3上2勝クラス 芝短 ①点)
  ◎ ④シセイタイガ
  ○ ⑫ペイシャドリーム
  ▲ ①アイルチャーム

阪神09R 千両賞(2歳1勝クラス 芝短 1点)
  ◎ ①ジュビリーヘッド
  ○ ⑪シャドウブロッサム
  ▲ ⑫ヴィースバーデン

阪神10R クリスマスキャロル賞(3上2勝クラス 芝短 ①点)
  ◎ ⑮ショウボート
  ○ ⑫ステイオンザトップ
  ▲ ⑯バケットリスト
  △ ⑭トオヤリトセイト

阪神11R サンタクロースS(3上3勝クラス 芝中 ①点)
  ◎ ①アールスター
  ○ ⑧プレシャスブルー
  ▲ ⑬ブライトムーン

阪神12R ギャラクシーS(3上OP D短)
  ◎ ⑩スマートダンディー(1つ叩いて)
  ○ ⑦クリノケンリュウ(連勝機)
  ▲ ⑬ゴライアス(惜しい競馬続く)

「新・中央競馬予想戦記」 2019-12-21

本日も出先からの簡易うpとなります。

ご了承下さい。

12/21&12/22の買い方は以下の通り。

中山:条件戦=複勝 OP以上=馬連

阪神:条件戦=単勝 OP以上=馬連


中山09R クリスマスローズS(2歳OP 芝短)

◎(06)メメントモリ

◯(10)テーオーマルクス

▲(09)グッドマックス


中山10R 中山大障害(3上JGⅠ 障害)

◎(09)ディライトフル

◯(12)メイショウダッサイ

▲(13)メドウラーク

△(02)ヨカグラ


中山11R グレイトフルS(3上3勝クラス 芝長 2点)

◎(09)マスターコード

◯(05)ノチェブランカ

▲(01)バイマイサイド

△(08)モズベッロ


中山12R キャンドルライト賞)3上1勝クラス 芝短 1点)

◎(05)トランスナショナル

◯(14)ニシノカツナリ

▲(08)マイネルプリンチペ


阪神09R 江坂特別(3上2勝クラス 芝長 1点)

◎(06)ピッツィカート

◯(04)バラックパリンカ

▲(01)シャイニーゲール

△(03)プランドラー


阪神10R 摩耶S(3上3勝クラス D中 ①点)

◎(02)ヒストリーメイカー

◯(15)マスターフェンサー

▲(07)キーフラッシュ

△(13)コパノジャッキー


阪神11R 阪神C(3上GⅡ 芝短)

◎(05)グランアレグリア

◯(01)マイスタイル

▲(08)グァンチャーレ

「新・中央競馬予想戦記」 2019-12-15

本日も出先からの簡易うpとなります。

ご了承下さい。


中山09R 舞浜特別(3上2勝クラス D短 1点)

◎(09)アイアムハヤスギル

◯(14)ポップシンガー

▲(07)アルベルティーヌ


中山10R 北総S(3上3勝クラス D中 2点)

◎(06)グラスブルース

◯(10)リワードアンヴァル

▲(05)ゴルトマイスター

△(08)マイネルツァイト


中山11R ディセンバーS(3上OP 芝中)

◎(04)サーブルオール

◯(03)ウインイクシード

▲(15)アストラエンブレム

△(11)ゼタブリランテス


阪神09R 北摂特別(3上2勝クラス 芝短 1点)

◎(04)キャスパリーグ 

◯(05)ショウナンアリアナ

▲(10)ヴォイスオブジョイ


阪神10R 元町S(3上3勝クラス 芝短 1点)

◎(02)モズダディー

◯(07)ゴータイミング

▲(10)ミッキーブリランテ


阪神11R 朝日杯フューチュリティS(2歳GⅠ 芝短 (3連複BOXで購入))

◎(12)レッドベルジュール

◯(08)タイセイビジョン

▲(06)サリオス

△(02)ビアンフェ


阪神12R 高砂特別(3上2勝クラス D短 1点)

◎(14)パラーティウム

◯(13)ピアシック

▲(15)クリノサンレオ


中京10R 寒椿賞(2歳1勝クラス D短 2点)

◎(10)ティートラップ

◯(12)ケイアイワイプ

▲(13)ウーゴ

△(01)タイセイポリシー


中京11R 浜松S(3上3勝クラス 芝短 1点)

◎(17)ジョーマンデリン

◯(08)エイティーンガール

▲(01)ビリーバー


中京12R 尾張特別(3上2勝クラス 芝中 1点)

◎(08)コーカス

◯(11)タイセイモナーク

▲(10)ブラックジェイド

「新・中央競馬予想戦記」 2019-12-14

11/30の結果
 4勝(葉牡丹賞、鹿島特別、再度山特別、チャレンジC) 6敗
  回収率 110.9%
12/1の結果
 5勝(市川S、万両賞、猪名川特別、名古屋日刊スポーツ杯、鳴海特別) 5敗
  回収率 38.8%
  年間回収率 71.7%
  通算回収率 71.8%
12/7の結果
 3勝(黒松賞、アクアラインS、エリカ賞) 1分(師走S) 5敗
  回収率 56.5%
12/8の結果
 4勝(常総S、妙見山特別、浜名湖特別、栄特別) 1分(チバテレ杯) 5敗
  回収率 55.4%
  年間回収率 71.4%
  通算回収率 71.8%
開催変わって、良かったのは初日だけって言うね…。
初日のチャレンジCだって、買い方次第ではもっと稼げてたのに、
日和ってワイドなんか買ってるから、この程度の上積みしかできなかったわけで…。
自分の予想なのに、相変わらず狙い目が全然わかってないのはなぁ…。
このまま歳が暮れて行ってしまいそうな予感…。
12/14、12/15の買い方は以下の通り。
 中山:条件戦=複勝 OP以上=馬連
 阪神:条件戦=複勝 OP以上=馬連
 中京:条件戦=複勝 OP以上=枠連

中山09R ひいらぎ賞(2歳1勝クラス 芝短 1点)
  ◎ ⑨ビッグクインバイオ
  ○ ④メリディアンローグ
  ▲ ②スマイルカナ
  △ ③ジュエルアワー

中山10R 香取特別(3上2勝クラス D長 2点)
  ◎ ⑥アイファーキングズ
  ○ ⑤エンダウメント
  ▲ ⑭ベルウッドカザン

中山11R ターコイズS(3上GⅢ 芝短)
  ◎ ⑯トロワゼトワル
  ○ ⑮ディメンシオン
  ▲ ⑧エスポワール
  △ ⑤デンコウアンジュ
 本命は、ハンデ戦とはいえ牡馬に混ざって重賞を勝ち切った⑯。
 休み明けとはいえ近走内容も充実してるので、
 枠の不利さえ何とかすれば今回も勝ち負けだろう。
 対抗も8枠から。前々走⑯の2着だった⑮。
 斤量関係が逆転してるのと、鞍上が魅力的なので、逆転含みで。
 3番手以下は混戦。
 ポイント的には④も⑮と遜色ないと思えるが、
 年齢に不安があるので今回は押さえ程度ということに。
 代わって、昇級初戦の⑧を3番手に推す。
 距離こそ初めてだが、中山コースは1戦2着1回と悪くなさそう。
 距離さえこなせば、上位に食い込む余地は充分と見る。

阪神09R さざんか賞(2歳1勝クラス 芝短 1点)
  ◎ ⑫ミーアシャム
  ○ ⑦ライチェフェイス
  ▲ ⑧ヴァラークラウン

阪神10R 蛍池特別(3上2勝クラス 芝中 1点)
  ◎ ⑧クリノアリエル
  ○ ①タンタラス
  ▲ ④シーリア

阪神11R タンザナイトS(3上OP 芝短)
  ◎ ⑥ジョイフル(前走評価して)
  ○ ⑫ミラアイトーン(鞍上魅力)
  ▲ ⑨ナックビーナス(地力上位)

中京10R 豊川特別(3上1勝クラス 芝短 ①点)
  ◎ ⑯カーサデルシエロ
  ○ ②アドマイヤアルパマ
  ▲ ⑫ナリス
  △ ⑬コスモアイトーン

中京11R 三河S(3上3勝クラス D短 ①点)
  ◎ ②アメリカンファクト
  ○ ⑯タガノアム
  ▲ ③デンバーテソーロ
  △ ⑫ハーグリーブス

中京12R 中京日経賞(3上2勝クラス 芝短 2点)
  ◎ ⑩インヘリットデール
  ○ ⑪スイーズドリーム
  ▲ ⑧ブルスクーロ

「新・中央競馬予想戦記」 2019-12-08

本日も出先からの簡易うpとなります。

ご了承下さい。


中山09R チバテレ杯(3上2勝クラス D中 2点)

◎(05)セイヴァリアント

◯(12)フィードバック

▲(16)トミケンエンデレア


中山10R 常総S(3上3勝クラス 芝中 ①点)

◎(07)サトノエルドール

◯(09)ハナズレジェンド

▲(04)コスモカレンドゥラ


中山11R カペラS(3上GⅢ D短)

◎(07)コパノキッキング

◯(04)ゴールドクイーン

▲(09)オウケンビリーヴ


阪神09R オリオンS(3上3勝クラス 芝長 1点)

◎(11)ルナステラ

◯(03)バレリオ

▲(01)バイマイサイド

△(12)バイオスパーク


阪神10R 堺S(3上3勝クラス D中 ①点)

◎(04)グレースゼット

◯(07)エオリア

▲(01)メイショウササユリ


阪神11R 阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳GⅠ 芝短 3連複1点で)

◎(15)リアアメリア

◯(04)レシステンシア

▲(10)クラヴァシュドール


阪神12R 妙見山特別(3上2勝クラス D短 ①点)

◎(04)ヒルノサルバドール

◯(01)クインズマラクータ

▲(13)サンライズカラマ


中京10R 浜名湖特別(3上2勝クラス D中 ①点)

◎(11)ゲンパチルシファー

◯07)トーセンヴィータ

▲(04)フィルストバーン


中京11R 飛騨S(3上3勝クラス 芝短 ①点)

◎(04)メモリーコロネット

◯(11)アンリミット

▲(01)ミュージアムヒル


中京12R 栄特別(3上1勝クラス 芝中 ①点)

◎(12)ミスマリア

◯(03)ガロシェ

▲(09)マイネルミュトス

△(16)サンレイポケット

「新・中央競馬予想戦記」 2019-12-07

本日は出先からの簡易うpとなります。

ご了承下さい。

12/7&12/8の買い方は以下の通り。

中山:条件戦=複勝 OP以上=枠連

阪神:条件戦=複勝 OP以上=馬連

中京:条件戦=複勝 OP以上=ワイド


中山09R 黒松賞(2歳1勝クラス 芝短 2点)

◎(05)デンタルバルーン

◯(04)プリンスチャーム

▲(06)カインドリー


中山10R アクアラインS(3上3勝クラス D短 ①点)

◎(07)ヒデノヴィーナス

◯(08)アスタースウィング

▲(16)リュウノユキナ

△(15)サザンヴィグラス


中山11R 師走S(3上OP D中)

◎(02)マイネルユキツバキ

◯(12)ナムラカメタロー

▲(14)クラシックメタル


阪神09R エリカ賞(2歳1勝クラス 芝中 2点)

◎(06)チュウワノキセキ

◯(11)アカイイト

▲(01)ケヴィン


阪神10R 境港特別(3上2勝クラス 芝中 1点)

◎(05)ショウリュウイクゾ

◯(06)フォーラウェイ

▲(02)スズカロング

△(08)ジャーミネイト


阪神11R リゲルS(3上OP 芝短)

◎(16)サウンドキアラ

◯(14)ブルベアトリュフ

▲(15)カリビアンゴールド


中京10R つわぶき賞(2歳1勝クラス 芝短 1点)

◎(11)ピュアカラー

◯(03)ソーユーフォリア

▲(05)バトルカグヤ

△(09)ザイラ


中京11R 中日新聞杯(3上GⅢ 芝中)

◎(06)アイスバブル

◯(16)マイネルサーパス

▲(13)サトノソルタス


中京12R 鳥羽特別(3上2勝クラス 芝短 1点)

◎(07)ヤマニンペダラーダ

◯(16)オフクヒメ

▲(13)ジューンシルフィア

「新・中央競馬予想戦記」 2019-12-01

中山09R 南総S(3上3勝クラス 芝短 ①点)
  ◎ ⑤グッドジュエリー
  ○ ⑬エンゲージリング
  ▲ ⑥ナンヨーアミーコ
  △ ③エンゲルヘン

中山10R 市川S(3上3勝クラス D中 ①点)
  ◎ ⑧レッドフレイ
  ○ ⑯ジェミニズ
  ▲ ⑩ボードウォーク

中山11R ラピスラズリS(3上OP 芝短)
  ◎ ⑨ハウメア(安定感買って)
  ○ ⑧アルマエルナト(中山実績買って)
  ▲ ②ラヴィングアンサー(鞍上にも期待)

阪神09R 万両賞(2歳1勝クラス 芝短 1点)
  ◎ ⑦カイルアコナ
  ○ ①カリオストロ
  ▲ ⑤メデタシメデタシ

阪神10R 猪名川特別(3上2勝クラス 芝短 ①点)
  ◎ ⑩インヘリットデール
  ○ ⑨ガゼボ
  ▲ ⑤ラミエル

阪神11R 逆瀬川S(3上3勝クラス 芝中 1点)
  ◎ ⑤シンギュラリティ
  ○ ③レッドラフェスタ
  ▲ ①グロオルルージュ

中京09R 桑名特別(3上1勝クラス 芝短 1点)
  ◎ ⑪ノーブルワークス
  ○ ⑫ナタラディーヴァ
  ▲ ⑭エピックガール
  △ ⑩サンキューユウガ

中京10R 名古屋日刊スポーツ杯(3上2勝クラス 芝中 ①点)
  ◎ ⑦エレクトロニカ
  ○ ⑨コーカス
  ▲ ④トーセンスーリヤ

中京11R チャンピオンズC(3上GⅠ D中)
  ◎ ⑪ゴールドドリーム
  ○ ③チュウワウィザード
  ▲ ⑯ヴェンジェンス
  △ ⑥オメガパフューム
 本命は、近走内容充実の⑪。
 鞍上も強力だし今までも勝たせているので、今回も勝ち負けだろう。
 対抗には、休み明けのJBCを勝った③。
 左回りの方がむしろ向きそうだし、あとは鞍上との相性の問題だろう。
 3番手には、大外枠が気になるが前哨戦を勝った⑯。
 左回りの経験が乏しいのが気がかりだが、
 近走内容は良いし、前目で競馬できるのも良さそう。
 あとは、③と勝ち負けしてる⑥も、鞍上が強力で侮れない。

中京12R 鳴海特別(3上2勝クラス D短 ①点)
  ◎ ⑤ケイアイターコイズ
  ○ ⑮オンザロックス
  ▲ ⑧リシュブール

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ