« 「新・中央競馬予想戦記」 2019-12-28 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」2019年第12開催を振り返って »

2019「勝手に映画賞」&映画反省&今札幌の映画館に起きていること

①2019「勝手に映画賞」&映画反省
 (1)映画関連の反省
  レビューを復活させるとか言っておいて、
  結局最初の10本ぐらいでストップしてしまいました。
  スマホゲーのやりすぎが原因だというのはわかってるんですが、
  スパっとやめれるほどダメダメな状況でもないので、
  だらだら続けてしまってます。
  というわけで、今年も「勝手に映画賞」はベスト&ワーストのみとなります。
 (2)2019「勝手に映画賞」
  ベスト
   春画と日本人
  選定理由
   実に映画らしい(年齢制限をしっかりかけられる)内容と
   日本の様々な闇を浮き彫りにしている点
  ワースト
   アド・アストラ
  選定理由
   無駄な死人多すぎ。そのくせイマイチなラスト…
 (3)映画館別鑑賞数(②にも関連してくる話)
  ・総鑑賞数=213本
  ・札幌シネマフロンティア(JR札幌駅直結)=68本(32%)
  ・ユナイテッドシネマ札幌(全国チェーン、IMAX&4DX有)=50本(24%)
  ・シアターキノ(札幌唯一の単館系)=58本(27%)
  ・札幌劇場(地場系のシネコン、5月で閉館)=35本(16%)
  ・札幌プラザ2・5(元東宝系映画館。現在貸館扱い)=2本(1%)


②今年札幌の映画館で起きたこと&来年の話
 スクリーン6枚を備えていた地場系シネコン「札幌劇場」が
 5月に閉館しました。
 ちなみに、まだ入ってたビルは残ってます(他テナントとの兼ね合い)。
 2018年も映画館別鑑賞シェアでトップだったように、
 割とニッチな映画といろいろやってくれた映画館だったんですが、
 一気にスクリーン6枚分の映画を他の3館でカバーするのは難しく、
 6月13本、7月11本、8月10本と鑑賞数自体も減少傾向。
 9月ぐらいから映画館間の多少調整がついたのか、
 鑑賞数も復活しましたが、終電逃さないと観れない映画があったりと、
 鑑賞環境は決して良化しているとは言えません。
 それでいて、シアターキノで早々に公開が決まっていた
 「ジョジョ・ラビット」が札幌シネマフロンティアでも11月ぐらいに
 公開予告を出してきたように、決して大きくないパイの奪い合いも起きております。
 まぁ、お互い私企業なわけですから、
 集客のためのコンテンツを揃えなければならないわけですし、
 観る側としても満員で入れない、
 なんてことになれば鑑賞機会を失いかねないわけですが、
 そうでなくても限られたスクリーン数の中で、
 こういった重複公開があまりにも増えすぎてしまうのは、
 それはそれで多様な映画の鑑賞機会を失うわけですから、
 痛しかゆしなわけですよ…。
 そこで、現在貸館扱いの「札幌プラザ2・5」を、
 「札幌劇場」の持ち会社が借り切って、
 現有の貸し館としてのスクリーン2枚にさらに2枚増やし4スクリーン体制で
 「札幌劇場」を復活させるという報道がなされました
 (2枚の増やし方については不明)。
 この持ち会社も経営母体が最近地場系に戻ったのを機に、
 札幌での映画館事業を再開させようということで今回の報道に至ったようです。
 1枚は道内でも屈指の大型スクリーンなので
 (封切館時代に「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールドエンド」を
 このスクリーンで観た)、
 大作にも対応できるのは大きいですね。
 だた、こうなると今テナントの都合でのみ生き残ってる
 元「札幌劇場」の立つ瀬が無いというか…。
 あと、「ユナイテッドシネマ札幌」にはもうちょっと頑張ってほしかったなぁ、
 というのもありますが、集客目論見の問題もありますからねぇ。
 
 来年の映画始はまだ未定です。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2019-12-28 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」2019年第12開催を振り返って »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「新・中央競馬予想戦記」 2019-12-28 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」2019年第12開催を振り返って »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ