« 「新・中央競馬予想戦記」 2020-02-22 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2020-02-29 »

「新・中央競馬予想戦記」 2020-02-23

東京09R ヒヤシンスS(3歳OP D短)
  ◎ ⑥メイショウテンスイ
  ○ ⑧ロンゴノット
  ▲ ⑪ナイルリバー
  △ ⑫タガノビューティー

東京10R アメジストS(4上3勝クラス 芝中 1点)
  ◎ ①スパイラルダイブ
  ○ ⑩レッドサイオン
  ▲ ⑧ハナズレジェンド

東京11R フェブラリーS(4上GⅠ D短)
  ◎ ②アルクトス
  ○ ⑤インティ
  ▲ ⑥ミッキーワイルド
 本当に強い馬たちは、賞金目当てでサウジアラビアに行ったため、
 「地方馬でもチャンスあるんじゃね?」的なレースとなった今年最初のJRAGⅠ
 結論から言うと、「統一重賞とJRA重賞ではペースが違うからノーチャンス」。
 で、本命は東京D1600m4戦4勝の②。
 このレースは、桜花賞が阪神芝1600m実績との連動性が高いのと同様、
 東京D1600m実績との連動性が高いレース。
 東京D戦まで範囲を広げても(5-1-0-0)と相性抜群。
 間隔は空いてるが、むしろココ狙いのようなので、状態はむしろ良さげ。
 このレースには「休み明けは走らない」というジンクスがあるようだが、
 この馬自体は鉄砲が利くので、跳ね返してくれるとみている。
 対抗には、連覇を目論む⑤。
 昨年の勝馬ということでコース連動も問題ないし、
 相手関係自体は3着だった2019チャンピオンズCよりもラクと見る。
 3番手には、前走は案外だったが基本的に東京コースと相性はいい⑥。
 持時計にも不安は残るが、2019プロキオンSでも②の2着に入っており、
 力量的に見劣りするものではないだろう。

東京12R 大島特別(4上2勝クラス D短 ①点)
  ◎ ⑨エピックアン
  ○ ④コーラルプリンセス
  ▲ ⑭アポロチーター

京都09R 春日特別(4上2勝クラス 芝中 ①点)
  ◎ ⑪プライドランド
  ○ ①カイザーミノル
  ▲ ②パトリック

京都10R 斑鳩S(4上3勝クラス 芝短 1点)
  ◎ ①キアロスクーロ
  ○ ④ワンダープチュック
  ▲ ⑩ミエノウィンウィン

京都11R 大和S(4上OP D短)
  ◎ ①モンペルデュ(京都実績高い)
  ○ ⑥ヒデノヴィーナス(安定感買って)
  ▲ ④テーオージーニアス(鞍上にも期待)

小倉10R あざみ賞(3上1勝クラス 芝短 ①点)
  ◎ ⑪メメントモリ
  ○ ⑨ジュランド
  ▲ ⑩ワンダーカタリナ

小倉11R 小倉大賞典(4上GⅢ 芝中)
  ◎ ③テリトーリアル
  ○ ②カデナ
  ▲ ①アロハリリー
  △ ⑥ヴェロックス
 本命は、前走惜しい内容だった③。
 1ハロン短縮で距離相性が良くなったのもいい。
 持ち時計も優秀なので、時計勝負にも対応できそう。
 対抗は、ポイント的には⑥なのだが、
 GⅠ2着馬という意味では過去1度も来たことがないので判断しにくいところ。
 GⅠ馬が1度勝った(2015カレンブラックヒル)ことがあるので、
 まぁ来ないことはないだろうということで4番手に押さえる。
 代わって対抗は、昨年の小倉記念2着馬②。
 メンバー中3頭しかいない重賞勝馬にして、唯一の重賞2勝馬。勝負強さにかける。
 3番手には、昨夏3勝クラス、OPと小倉で連勝した①。
 鞍上に不安は残るが、連対率は高いので地力は充分と見る。

小倉12R 皿倉山特別(4上2勝クラス 芝長 1点)
  ◎ ④メイショウカミシマ
  ○ ⑤テーオーフォルテ
  ▲ ⑫シャイニーゲール

« 「新・中央競馬予想戦記」 2020-02-22 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2020-02-29 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「新・中央競馬予想戦記」 2020-02-22 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2020-02-29 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ