« 「新・中央競馬予想戦記」 2020-03-21 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2020-03-28 »

「新・中央競馬予想戦記」 2020-03-22

中山09R 鎌ヶ谷特別(4上2勝クラス 芝短 1点)
  ◎ ⑥アビーム
  ○ ⑦クインズサン
  ▲ ⑧アルトリウス

中山10R 韓国馬事会杯(4上3勝クラス D中 1点)
  ◎ ⑫メイショウササユリ
  ○ ⑩カナシバリ
  ▲ ①ラージヒル

中山11R スプリングS(3歳GⅡ 芝中)
  ◎ ⑤ファルコニア
  ○ ④ココロノトウダイ
  ▲ ⑧アオイクレアトール

阪神09R 須磨特別(4上2勝クラス 芝中 ①点)
  ◎ ③ディグラーシャ
  ○ ⑦ショウナンバルディ
  ▲ ⑥カントル

阪神10R なにわS(4上3勝クラス D短 1点)
  ◎ ⑯ロイヤルパールス
  ○ ⑪シャドウハンター
  ▲ ④スナークライデン

阪神11R 阪神大賞典(4上GⅡ 芝長)
  ◎ ⑩ユーキャンスマイル
  ○ ④トーセンカンビーナ
  ▲ ⑥メイショウテンゲン
 すっかり「ただの特殊な距離のレース」になってしまったこのレース。
 距離実績はあるが持ち時計は無いのも同じの⑨は、
 ワシ的には「終わった馬」扱いなので今回はバッサリ。
 本命は、ポイント的には④だが、実績面では見劣りするので
 対抗に落とす。ただ、勢いはあるので、状態面では優位か。
 代わって本命は、昨年のJC以来の競馬となる⑩。
 芝3000mの持ち時計はトップだし、
 昨年だがダイヤモンドSも勝っており、距離への対応は充分だろう。
 さらに、安定感もあり、いきなりでも勝ち負けと見る。
 3番手には、前走ダイヤモンドSで2着に入った⑥。
 鞍上は久しぶりの松山騎手だが、今年好調のようなので、むしろ期待。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2020-03-21 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2020-03-28 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「新・中央競馬予想戦記」 2020-03-21 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2020-03-28 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ