« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

「新・中央競馬予想戦記」 2020-04-26

東京09R 石和特別(4上2勝クラス 芝中 1点)
  ◎ ④ジョブックコメン
  ○ ⑩ヒシイグアス
  ▲ ②ミスマリア

東京10R 鎌倉S(4上3勝クラス D短 2点)
  ◎ ⑩グランソヴァール
  ○ ⑨アーバンイェーガー
  ▲ ⑦トウカイパシオン

東京11R フローラS(3歳GⅡ 芝中)
  ◎ ⑨スカイグルーヴ
  ○ ③ウインマリリン
  ▲ ⑯フアナ

京都09R 比良山特別(4上2勝クラス 芝中 1点)
  ◎ ⑧ウインラナキラ
  ○ ⑫ダノンバリアント
  ▲ ⑦ショパン

京都10R 桃山S(4上3勝クラス D中 1点)
  ◎ ⑩メイショウササユリ
  ○ ⑯フォースライン
  ▲ ⑦サクラアリュール

京都11R マイラーズC(4上GⅡ 芝短)
  ◎ ⑩ヴァルディゼール
  ○ ①インディチャンプ
  ▲ ⑪フィアーノロマーノ
 実績抜群の①ではるが、その分今回は他馬より斤量を背負わされている。
 京都コースは他に得意そうな馬もいることなので、
 今回は対抗止まりとするが、実力差で覆す可能性は充分にある。
 その京都コースが得意そうな馬⑩を今回は本命視。
 キャリア6戦で3勝を挙げているが、すべて今回と同じ京都のマイル戦。
 数少ない同条件での重賞なので、マイル戦線に名乗りを上げるうえでも、
 ここはむしろ勝負駆けと見るが、どうか。
 3番手には、ココ2戦1400m戦で惜しい競馬が続いている⑪。
 GⅠでは若干能力不足な感じも否めないが、
 斤量差もあるこの舞台では充分争覇圏内と見る。

福島10R 燧ケ岳特別(4上1勝クラス 芝長 1点?)
  ◎ ③ウインリベルタ
  ○ ⑩シャイニングデイズ
  ▲ ⑤ダノンアポロン
  △ ⑨ウォルフズハウル

福島11R やまびこS(4上3勝クラス D短 1点)
  ◎ ③ルーチェソラーレ
  ○ ⑪イッツクール
  ▲ ⑤プレシャスエース
  △ ⑦ハルサカエ

福島12R 米沢特別(4上2勝クラス 芝短 1点)
  ◎ ⑩ショウナンマッシブ
  ○ ⑥タガノカルラ
  ▲ ⑧ペイシャドリーム

「新・中央競馬予想戦記」 2020-04-25

東京09R 新緑賞(3歳1勝クラス 芝長 1点)
  ◎ ⑥リスペクト
  ○ ④ウインキートス
  ▲ ⑦ダノングロワール

東京10R 府中特別(4上2勝クラス 芝短 1点)
  ◎ ⑤アビーム
  ○ ⑰オジョーノキセキ
  ▲ ⑧ルイジアナママ

東京11R オアシスS(4上OP D短)
  ◎ ⑧ゴライアス(関東なら勝負)
  ○ ⑯ドリュウ(鞍上戻って)
  ▲ ④ブレスジャーニー(Dこなせば)

京都09R あやめ賞(3歳1勝クラス 芝中 2点)
  ◎ ⑦アドマイヤベネラ
  ○ ②キングサーガ
  ▲ ⑤フィニステール

京都10R 六波羅特別(4上2勝クラス 芝短 1点)
  ◎ ③ステイオンザトップ
  ○ ⑪オースミカテドラル
  ▲ ⑤メイケイハリアー

京都11R 彦根S(4上3勝クラス 芝短 2点)
  ◎ ①メモリーコロネット
  ○ ⑤ガゼボ
  ▲ ⑦トウカイオラージュ

福島10R 尾瀬特別(4上2勝クラス D中 1点?)
  ◎ ⑧ロジシルキー
  ○ ⑭アリア
  ▲ ⑬アイコニック

福島11R 福島牝馬S(4上GⅢ 芝中)
  ◎ ⑬リュヌルージュ
  ○ ⑭フェアリーポルカ
  ▲ ①エスポワール
  △ ⑪デンコウアンジュ
 実績も年齢も飛び抜けている⑪の扱いがポイントになりそう。
 ワシとしては捨て切れなかったが、
 年齢的にはこのレースを勝てる最終年(現状でも旧齢制では8歳)だし、
 GⅠ連対馬の実績も半ば⑪自身だけで積み上げてきたもの。
 ただ、これだけの実績がありながら55㎏で出られるなら…。
 代わって本命は、前走⑭の2着だった⑬。
 今回は直線が特に短い福島なので、前で競馬できるこの馬が有利と見る。
 ただし、前走⑭より斤量が2㎏少なかったものが、
 今回斤量差なしになってるのはどうか…。
 その点を見れば、前走勝ちで勢いのある⑭の逆転は充分想定できる。
 3番手には、脚質的に最内枠が気になるところではあるが、
 GⅠ以外では馬券圏内を外してない①を推す。この安定感は侮れない。

福島12R エールS(4上3勝クラス 芝中 2点)
  ◎ ②ナルハヤ
  ○ ④ウインガナドル
  ▲ ⑫サトノエルドール

「新・中央競馬予想戦記」2020年第3&第4開催を振り返って

①4/18&4/19の結果
 (1)4/18の結果
  1勝(アーリントンC) 9敗
   回収率 30.0%
 (2)4/19の結果
  4勝(皐月賞、山陽特別、アンタレスS、医王寺特別) 7敗
   回収率 104.1%
   年間回収率 75.5%
   通算回収率 71.8%
②第3開催の振り返り
 (1)(2開催連続)OPが良かった
  (16戦通算 101.6%)
 (2)芝戦はレース数の少ない長距離が特に良かった
  (全体:67戦79.6% 短:31戦85.8% 中:29戦44.3% 長:7戦216.7%)
 (3)D戦は短距離が良かった
  (全体:24戦98.6% 短:11戦133.0% 中長:70.4%)
 (4)競馬場別では中京競馬場が良かった
  (25戦通算 104.8%)
 (5)開催回収率は82.9%
③第4開催の振り返り
 (1)重賞がわりと久しぶりに良かった
  (全体:9戦100.9% GⅢ:3戦104.0% GⅡ:2戦0.0% GⅠ:4戦136.2%)
 (2)芝戦は中距離だけ良かった
  (全体:39戦64.3% 短:16戦36.7% 中:18戦106.5% 長:5戦44.0%)
 (3)OP戦が大ブレーキ! 回収ゼロ
  (7戦通算 0.0%)
 (4)D戦は短距離が回収ゼロ!
  (全体:14戦42.7% 短:7戦0.0% 中長:7戦80.0%)
 (5)開催回収率は52.7%
④開催総括
 2開催まとめての総括となるが、
 まぁ皐月賞で開催を何とかまとめることができたのは
 良かったのかな、とは思います。
 第4開催に関しては、けっこうさんざんな成績だったので、
 主要2場か変わるとはいえ、次に繋がっていきそうな予感はあります。
 一方、結果的に第3開催の良かった部分を引き継げなかった、
 という言い方できるわけで、
 やはり開催ごとにきちんと振り返ることが、
 必要なのかな、とは思いました。
 新型コロナで大変な状況になってる中で、
 我々競馬ファンはこういう形で娯楽を享受できているので、
 そこは特に大事にしていきたいな、とは思います。
⑤4/25&4/26の買い方
 東京:条件戦=複勝 OP以上=枠連
 京都:条件戦=複勝 OP以上=枠連
 福島:条件戦=単勝 OP以上=枠連

「新・中央競馬予想戦記」 2020-04-19

中山08R 隅田川特別(4上2勝クラス 芝短 1点)
  ◎ ④ゲバラ
  ○ ⑪アイスフィヨルド
  ▲ ⑫シベリアンタイガー

中山09R 鹿野山特別(4上2勝クラス 芝中 ①点)
  ◎ ④ヴァンランディ
  ○ ⑤クリノオスマン
  ▲ ⑥ストロングレヴィル

中山10R 京葉S(4上OP D短)
  ◎ ②ホウショウナウ(OPなら)
  ○ ⑥スナークライデン(連勝機)
  ▲ ⑩カッパツハッチ(Dもイケる)

中山11R 皐月賞(3歳GⅠ 芝中)
  ◎ ①コントレイル
  ○ ⑦サリオス
  ▲ ⑰ヴェルトライゼンデ
 本命は、調教師が「あまり向いてない舞台」
 言っていても勝ててしまう①で行く。
 小回りの最内枠というのがどう出るかわからないが、
 同じ舞台を経験してるので、無様な競馬はしないだろうと思う。
 対抗には、いちおう3戦3勝のGⅠ馬という点を重視して⑦を推す。
 こちらもぶっつけで、しかもココまで1600mしか経験してきてないのが
 ビミョーといえばビミョーなのだが、
 血統的には伸びてますます良い感じに見えるので、
 状態万全なら逆転もアリということで。
 3番手には、ホープフルSで①の2着だった⑰を。
 上記2頭と違って1叩きしてる分チャンスがあると見る。
 前走の負けは今回への試走ということである程度度外視。
 とはいえ、外枠がどう出るか…。
 点数絞れたので、普通通り枠連で。

中山12R 春興S(4上3勝クラス 芝短 1点)
  ◎ ③フォルコメン
  ○ ⑪ニシノカツナリ
  ▲ ④レッドサイオン
  △ ⑧ロフティフレーズ

阪神09R 山陽特別(4上2勝クラス 芝短 2点)
  ◎ ⑤イーサンパンサー
  ○ ⑪ヤマニンペダラーダ
  ▲ ④マジックバローズ

阪神10R 御堂筋S(4上3勝クラス 芝長 ①点)
  ◎ ⑦バイマイサイド
  ○ ②バラックパリンカ
  ▲ ⑧マスターコード

阪神11R アンタレスS(4上GⅢ D中)
  ◎ ⑯メイショウワザシ
  ○ ②ワイルドカード
  ▲ ⑪アナザートゥルース
  △ ⑦ベストタッチダウン
 ホントは中央で重賞勝ってる馬が強いので、
 本来4番手評価の⑪を3番手にしたものの、
 本命の⑯がポイント的には抜けてる感じなので、ココまで。
 本命の⑯は、前々走に重馬場で勝ってるので、今回も向きそう。
 関西に戻って、改めて期待したいところ。
 対抗には、安定感のある②。
 乗り変わりが気になるところではあるが、
 内枠を引いたので好位を取りやすいのは良いと思われる。
 あとは、3連勝でOPまで駆け上がってきた⑦の勢いに注目。

福島10R 医王寺特別(4上1勝クラス 芝短 ①点)
  ◎ ④タガノカルラ
  ○ ⑯ノーブルプルート
  ▲ ⑬グリニッチヴィレジ

福島11R 福島民報杯(4上OP 芝中)
  ◎ ⑬ウインイクシード(この距離なら)
  ○ ⑩マイネルサーパス(斤量評価信頼)
  ▲ ⑨プレシャスブルー(連勝機)

福島12R 奥の細道特別(4上2勝クラス 芝長 1点?)
  ◎ ⑦テーオーフォルテ
  ○ ⑩サトノシャーク
  ▲ ⑥ウインレーヴドール

「新・中央競馬予想戦記」 2020-04-18

4/11の結果
 4勝(野島崎特別、千葉日報杯、白鷺特別、桑折特別) 5敗
  回収率 49.2%
4/12の結果
 3勝(美浦S、梅田S、花見山特別) 8敗
  回収率 14.4%
  年間回収率 76.1%
  通算回収率 71.8%
 「小さく勝って大きく負ける」、いつものユウマスタイル。
 桜花賞は本当に難しかった上に、
 馬場が一気に悪化したのも、早くに買ってしまうワシには厳しかった。
 その割に、馬券的にちょっと入れ込み過ぎたのも良くない。
 開催最終週となる今週は、なんとかびしっと締めたいところ。
 4/18&4/19の買い方は以下の通り。
  中山:条件戦=単勝 OP以上=枠連((J)GⅠ戦は変更の場合有)
  阪神:条件戦=単勝 OP以上=枠連
  福島:条件戦=単勝 OP以上=枠連

中山09R 山藤賞(3歳1勝クラス 芝中 1点)
  ◎ ⑦リベラヴィ
  ○ ⑨セントオブゴールド
  ▲ ⑥マイネルポインター
  △ ①チアチアクラシカ

中山10R 下総S(4上3勝クラス D中 ①点)
  ◎ ⑧エムオーグリッタ
  ○ ②キャンディスイート
  ▲ ⑨メイクハッピー
  △ ①ティターヌ

中山11R 中山グランドジャンプ(4上JGⅠ 障害)
  ◎ ⑥オジュウチョウサン
  ○ ⑪メイショウダッサイ
  ▲ ①シングンマイケル
 阪神スプリングジャンプの1着&2着の両JGⅠ馬に、
 ⑥とは未対戦の⑪がどこまで食い込めるか、という図式。
 あとは馬場がどう働くかだが、
 足元が悪いのでアクシデントも心配。
 ココは3連複1点で投資減からのそれなりの配当狙いで。

中山12R 利根川特別(4上2勝クラス D中 3点)
  ◎ ⑩シャドウセクション
  ○ ④ヴオウジラール
  ▲ ⑥グログラン

阪神09R 蓬莱峡特別(4上2勝クラス 芝中 ①点)
  ◎ ④ステイオンザトップ
  ○ ⑬パトリック
  ▲ ②プライドランド

阪神10R 陽春S(4上3勝クラス D短 1点)
  ◎ ⑯サーティグランド
  ○ ④ロードラズライト
  ▲ ⑥ヘリオス

阪神11R アーリントンC(3歳GⅢ 芝短)
  ◎ ⑥タイセイビジョン
  ○ ⑩ギルデッドミラー
  ▲ ⑦ボンオムトゥック

福島10R 雪うさぎ賞(3歳1勝クラス 芝短 1点?)
  ◎ ⑯リッチクレマチス
  ○ ⑪ヴェントヴォーチェ
  ▲ ③ジュニパーベリー

福島11R ラジオ福島賞(4上2勝クラス D短 1点)
  ◎ ⑥ゴールデンチョイス
  ○ ④コンセッションズ
  ▲ ⑪ガーデンコンサート
  △ ⑦シャインカメリア

福島12R 川俣特別(4上1勝クラス 芝中 1点)
  ◎ ⑥リーガルメイン
  ○ ⑭グッドレイズ
  ▲ ⑤クリノオウジャ
  △ ②ホウオウビクトリー

「新・中央競馬予想戦記」 2020-04-12

本日はでさきからの簡易うpとなります。

ご了承ください。


中山09R 印西特別(4上2勝クラス D長 1点?)

◎(11)ララロワ

◯(13)リヴィエラ

▲(05)マサハヤニース


中山10R 美浦S(4上3勝クラス 芝中 ①点)

◎(09)トーセンスーリヤ

◯(03)レッドイグニス

▲(06)リープフラウミルヒ


中山11R 春雷S(4上OP 芝短)

◎(07)メイショウキョウジ

◯(12)レジーナフォルテ

▲(06)タイセイアベニール


阪神08R 天王寺特別(4上2勝クラス D短 ①点)

◎(02)ガンケン

◯(05)プレイヤーズハイ

▲(09)スズカゴーディー


阪神09R 忘れな草賞(3歳OP 芝中)

◎(02)ウインマイティー

◯(03)ライティア

▲(09)ルビーカサブランカ


阪神10R 大阪-ハンブルクC(4上3勝クラス 芝短 2点)

◎(04)ヒルノマゼラン

◯(16)グッドジュエリー

▲(07)キアロスクーロ

△(05)シセイヒテン


阪神11R 桜花賞(3歳GⅠ 芝短(通常の枠連+3連複BOX))

◎(17)レシステンシア

◯(11)クラヴァシュドール

▲(05)マルターズディオサ

△(04)サンクテュエール


阪神12R 梅田S(4上3勝クラス D中 1点)

◎(15)コンカラー

◯(07)スズカフリオーソ

▲(01)タイサイ

△(04)サクラアリュール


福島10R 飯盛山特別(4上1勝クラス 芝中 1点)

◎(05)ジンゴイスト

◯(12)イルーシヴゴールド

▲(01)マイネルウィルトス


福島11R 吾妻小富士S(4上OP D中)

◎(11)プレスティージオ

◯(01)ミッキーポジション

▲(12)ロードアクシス


福島12R 花見山特別(4上2勝クラス 芝短 ①点)

◎(01)ヒロイックアゲン

◯(10)シルヴェーヌ

▲(15)ウォーターエデン

「新・中央競馬予想戦記」 2020-04-11

4/4の結果
 2勝(湾岸S、アザレア賞) 1分(明石特別) 4敗
  回収率 21.0%
4/5の結果
 2勝(山吹賞、大阪杯) 1分(難波S) 4敗
  回収率 156.7%
  年間回収率 80.4%
  通算回収率 71.9%
 結局「第3開催の総括」をやらないうちに、
 第4開催も残り2週ていうね…。
 まぁ、もともと第4開催を3週構成にしてるから、
 こういうことになってるわけですが…。
 とりあえず、両開催の総括はまとめてやります。
 大阪杯は、データで評価下げた牝馬2頭が来ちゃうっていうね…。
 データの完成度、まだまだですなぁ…。
 それとも、やはり世界的に「牝馬の時代」ってことなんですかねぇ…。
 4/11&4/12の買い方は以下の通り。
  中山:条件戦=複勝 OP以上=枠連
  阪神:条件戦=複勝 OP以上=枠連(桜花賞はオッズ次第)
  福島:条件戦=複勝 OP以上=枠連

中山09R 野島崎特別(4上2勝クラス 芝中 ①点)
  ◎ ②アストラサンタン
  ○ ⑥エバーミランダ
  ▲ ⑭レッドイリーゼ

中山10R 千葉日報杯(4上2勝クラス 芝短 2点)
  ◎ ⑫キャスパリーグ
  ○ ⑦オジョーノキセキ
  ▲ ③エスタジ

中山11R ニュージーランドトロフィー(3歳GⅡ 芝短)
  ◎ ⑩ハーモニーマゼラン
  ○ ⑨オーロラフラッシュ
  ▲ ⑪ルフトシュトローム

阪神09R 丹波特別(4上2勝クラス 芝短 ①点)
  ◎ ⑪ナンヨープランタン
  ○ ⑦オースミカテドラル
  ▲ ⑧キャンディストーム

阪神10R 白鷺特別(4上2勝クラス 芝長 1点)
  ◎ ①レオビヨンド
  ○ ⑨ウォーターパルフェ
  ▲ ⑧タンタフェルサ
  △ ④ショパン

阪神11R 阪神牝馬S(4上GⅡ 芝短)
  ◎ ②サウンドキアラ
  ○ ⑦プールヴィル
  ▲ ⑫トロワゼトワル
 本命は、重賞連勝中の②で決まりだろう。
 こんなに稼いでるのに、別定斤量54kgで出られるのはかなり大きい。
 競走間隔は空いてるが、今の勢いなら充分勝ち負けだろう。
 対抗には、前走②の2着だった⑦。
 3戦連続2着と惜しい競馬を続けており、
 こちらも競走間隔は空いてるが、好調持続と見ていいだろう。
 3番手には、2019京成杯オータムハンデでレコード勝ちした⑫。
 今年初戦で乗り替わりも気になるが、
 時計勝負では劣らないので、実力を発揮できる状態なら逆転もあると見る。

福島10R ひめさゆり賞(3歳1勝クラス 芝中 ①点)
  ◎ ⑥ロードオマージュ
  ○ ⑦レザネフォール
  ▲ ⑤ナイトオブレディ
  △ ⑮ウインアステロイド

福島11R 福島中央テレビ杯(4上2勝クラス D中 ①点)
  ◎ ⑤ヴィータ 
  ○ ②テイエムクロムシャ
  ▲ ⑩オウケンスターダム

福島12R 桑折特別(4上1勝クラス 芝中 1点)
  ◎ ②リトミカメンテ
  ○ ⑥フラッフィーベア
  ▲ ③スズカローレル

「新・中央競馬予想戦記」 2020-04-05

中山09R 山吹賞(3歳1勝クラス 芝中 1点)
  ◎ ⑤エヴァーガーデン
  ○ ⑦エルセンブルグ
  ▲ ⑪オラコモエスタス

中山10R 浅草特別(4上2勝クラス 芝短 ①点)
  ◎ ⑩クインズサン
  ○ ②パールドバイ
  ▲ ⑦カルリーノ
  △ ⑫ロザムール

中山11R 春風S(4上3勝クラス D短 ①点)
  ◎ ⑤ルーチェソラーレ
  ○ ⑮アーバンイェーガー
  ▲ ⑩シスル

阪神09R 千種川特別(4上2勝クラス 芝短 ①点)
  ◎ ⑫キャスパリーグ
  ○ ⑧トンボイ
  ▲ ⑪ナンゴクアイネット

阪神10R 難波S(4上3勝クラス 芝中 2点)
  ◎ ③ゴータイミング
  ○ ⑯ボッケリーニ
  ▲ ⑮ペガーズ

阪神11R 大阪杯(4上GⅠ 芝中)
  ◎ ④ワグネリアン
  ○ ⑤ラッキーライラック
  ▲ ⑫クロノジェネシス
 これも、検疫の都合などでドバイや香港の裏開催に当たってしまうレース。
 よってメンバーが少なめなのにいまいちなメンバーが揃いがち。
 本来なら馬主や調教師の傾向を読むべきレースかもしれない。
 ポイントトップに3頭が並んでしまったが、
 過去の傾向で牝馬の成績がイマイチだったため、
 3頭のうち唯一の牡馬である④を本命視したが、
 とにかく順調に使えない馬なので、
 レースになってみないとわからない危うさはある。
 一方、その中で確実に実績を積んできているので、
 今回も無様な競馬はしないものと見ている。
 対抗&3番手には牝馬。
 前走勝ちの⑫を上位に取るのが一般的だろうが、
 枠順の利で今回は⑤を推す。1度使われた上積みにも期待だ。
 とはいえ、前走牡馬を一蹴した⑫の切れ味も侮りがたい。

阪神12R 鳴門S(4上3勝クラス D短 ①点)
  ◎ ⑫ヒルノサルバドール
  ○ ⑩オンザロックス
  ▲ ⑤アスターソード

「新・中央競馬予想戦記」 2020-04-04

3/28の結果
 4勝(日経賞、天神橋特別、熊野特別、岡崎特別) 
 1分(毎日杯) 4敗
  回収率 82.2%
3/29の結果
 3勝(武庫川S、六甲S、大寒桜賞) 4敗
  回収率 68.5%
3/31の結果
 1勝(船橋S) 2敗
  回収率 38.0%
  年間回収率 81.6%
  通算回収率 71.9%
 本当は「開催総括」をやらなければいけないところなんですが、
 相変わらず誘惑に負けたりしてやれてません。
 先週の結果は…、まぁ競馬ってやっぱり難しいよね、ってことで…。
 GⅠ当てたいなぁ…。
 4/4&4/5の買い方は以下の通り。
  中山:条件戦=複勝 OP以上=枠連
  阪神:条件戦=複勝 OP以上=枠連

中山09R 安房特別(4上2勝クラス 芝長 ①点)
  ◎ ⑥サンシロウ
  ○ ⑪サトノシャーク
  ▲ ⑧シークレットラン

中山10R 湾岸S(4上3勝クラス 芝中 1点)
  ◎ ⑯エアジーン
  ○ ②ヴィッセン
  ▲ ⑩ゴールドギア
  △ ⑥ウィナーポイント

中山11R ダービー卿チャレンジトロフィー(4上GⅢ 芝短)
  例年難解なハンデ重賞。
  評価トップは⑦や⑫といった辺りだが、
  ⑦はハンデ評価され過ぎ、⑫は逆に若干評価不足。
  よって、⑦は切って⑫は3番手止まり。
  また、評価3番手の②も、詰めの甘さが見て取れるので4番手に評価落ち。
  代わって本命&対抗に推すのは⑭や⑮。
  この2頭も拮抗しているが、重賞実績のある⑮を本命視。
  とはいえ、⑭も中山コース(4-1-0-3)と好相性なので、
  地の利を生かせば逆転も充分と見る。

阪神08R 三木ホースランドパークジャンプS(4上JOP 障害)
  ◎ ⑪ブレスアロット(使われた強みで)
  ○ ⑦タガノエスプレッソ(地脚は高い)
  ▲ ⑫メイショウオトコギ(実績上位)
  △ ⑩シゲルコング(相手なりに走る)

阪神09R アザレア賞(3歳1勝クラス 芝長 1点?)
  ◎ ④フライライクバード
  ○ ①サトノシャローム
  ▲ ⑥スズカキング

阪神10R 明石特別(4上2勝クラス 芝中 2点)
  ◎ ⑤ダンスディライト
  ○ ⑨ショウナンバルディ
  ▲ ④ハギノカエラ
  △ ⑫ブレイニーラン

阪神11R コーラルS(4上OP D短)
  ◎ ⑧テーオーヘリオス(興行側評価重視)
  ○ ⑤レッドルゼル(安定感買って)
  ▲ ④アディラート(距離実績高い)
  △ ①ビックリシタナモー(斤量恵まれた)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ