« 「新・中央競馬予想戦記」 2020-03-31 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2020-04-05 »

「新・中央競馬予想戦記」 2020-04-04

3/28の結果
 4勝(日経賞、天神橋特別、熊野特別、岡崎特別) 
 1分(毎日杯) 4敗
  回収率 82.2%
3/29の結果
 3勝(武庫川S、六甲S、大寒桜賞) 4敗
  回収率 68.5%
3/31の結果
 1勝(船橋S) 2敗
  回収率 38.0%
  年間回収率 81.6%
  通算回収率 71.9%
 本当は「開催総括」をやらなければいけないところなんですが、
 相変わらず誘惑に負けたりしてやれてません。
 先週の結果は…、まぁ競馬ってやっぱり難しいよね、ってことで…。
 GⅠ当てたいなぁ…。
 4/4&4/5の買い方は以下の通り。
  中山:条件戦=複勝 OP以上=枠連
  阪神:条件戦=複勝 OP以上=枠連

中山09R 安房特別(4上2勝クラス 芝長 ①点)
  ◎ ⑥サンシロウ
  ○ ⑪サトノシャーク
  ▲ ⑧シークレットラン

中山10R 湾岸S(4上3勝クラス 芝中 1点)
  ◎ ⑯エアジーン
  ○ ②ヴィッセン
  ▲ ⑩ゴールドギア
  △ ⑥ウィナーポイント

中山11R ダービー卿チャレンジトロフィー(4上GⅢ 芝短)
  例年難解なハンデ重賞。
  評価トップは⑦や⑫といった辺りだが、
  ⑦はハンデ評価され過ぎ、⑫は逆に若干評価不足。
  よって、⑦は切って⑫は3番手止まり。
  また、評価3番手の②も、詰めの甘さが見て取れるので4番手に評価落ち。
  代わって本命&対抗に推すのは⑭や⑮。
  この2頭も拮抗しているが、重賞実績のある⑮を本命視。
  とはいえ、⑭も中山コース(4-1-0-3)と好相性なので、
  地の利を生かせば逆転も充分と見る。

阪神08R 三木ホースランドパークジャンプS(4上JOP 障害)
  ◎ ⑪ブレスアロット(使われた強みで)
  ○ ⑦タガノエスプレッソ(地脚は高い)
  ▲ ⑫メイショウオトコギ(実績上位)
  △ ⑩シゲルコング(相手なりに走る)

阪神09R アザレア賞(3歳1勝クラス 芝長 1点?)
  ◎ ④フライライクバード
  ○ ①サトノシャローム
  ▲ ⑥スズカキング

阪神10R 明石特別(4上2勝クラス 芝中 2点)
  ◎ ⑤ダンスディライト
  ○ ⑨ショウナンバルディ
  ▲ ④ハギノカエラ
  △ ⑫ブレイニーラン

阪神11R コーラルS(4上OP D短)
  ◎ ⑧テーオーヘリオス(興行側評価重視)
  ○ ⑤レッドルゼル(安定感買って)
  ▲ ④アディラート(距離実績高い)
  △ ①ビックリシタナモー(斤量恵まれた)

« 「新・中央競馬予想戦記」 2020-03-31 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2020-04-05 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「新・中央競馬予想戦記」 2020-03-31 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2020-04-05 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ