« 「新・中央競馬予想戦記」 2020-11-14 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2020-11-21 »

「新・中央競馬予想戦記」 2020-11-15

東京09R 神奈川新聞杯(3上2勝クラス 芝短 ①点)
  ◎ ⑫ヴェンチュラスター
  ○ ⑦チビラーサン
  ▲ ⑥サクラトゥジュール

東京10R 秋色S(3上3勝クラス D短 2点)
  ◎ ④イメル
  ○ ⑨トラストロン
  ▲ ⑮グレートウォリアー

東京11R オーロC(3上OP 芝短)
  ◎ ⑩ダノンチェイサー(惜しい競馬続く)
  ○ ⑭ザイツィンガー(距離向く)
  ▲ ⑫プールヴィル(距離相性買って)
  △ ⑭カリオストロ(前走評価)

阪神09R 黄菊賞(2歳1勝クラス 1点)
  ◎ ②クインズラベンダー
  ○ ①ニホンピロマリブ
  ▲ ④アドマイヤザーゲ

阪神10R オータムリーフS(3上OP D短)
  ◎ ⑦テーオーターゲット(距離相性良好)
  ○ ③レシプロケイト(阪神は向く)
  ▲ ⑨ハーグリーブス(鞍上にも期待)
  △ ⑩ヴァニラアイス(実績上位)

阪神11R エリザベス女王杯(3上GⅠ 芝中)
  ◎ ⑧センテリュオ
  ○ ⑱ラッキーライラック
  ▲ ⑪ラヴズオンリーユー
  △ ⑫ウインマリリン
 牝馬路線における「阪神芝1600m」の位置づけは基本的に大きい。
 その中で、⑱は阪神JF勝ちもあり、昨年のこのレースの覇者でもある。
 阪神コースとの相性も悪くないだろうが、
 今回は大外枠ということもあり対抗扱いということで。
 代わって本命視するのは、前走牡馬相手に重賞勝ちを果たした⑧。
 マーメイドSでは、斤量が5㎏少ない馬に足元をすくわれたが、
 着差的には勝ってるといえる内容なので、十分評価に値する。
 安定感もあり、使われた強みも込みで今回は本命視。
 3番手には、昨年のオークス馬⑪。
 このレースはGⅠ勝馬が強いレースなので、⑱ともども勝負強さを評価したい。
 あとは、前走ブッツケで秋華賞に挑んで案外な内容だった⑫も、
 1叩きされた上積みを見込んで買い目に入れておきたい。

阪神12R ドンカスターS(3上2勝クラス D短 1点)
  ◎ ⑬ジョーフォレスト
  ○ ⑩イッシン
  ▲ ⑦シンゼンマックス

福島10R 福島2歳S(2歳OP 芝短)
  ◎ ①クープドクール
  ○ ④ルクシオン
  ▲ ⑫フォドラ
  △ ⑭サニーキャニオン

福島11R 福島記念(3上GⅢ 芝中)
  ◎ ⑨ヴァンケドミンゴ
  ○ ②トーラスジェミニ
  ▲ ⑪ウインイクシード
  △ ⑤ワセダインブルー
 毎年難解なハンデ重賞。
 ポイントトップは③だが、OPでも勝ち切れない馬が
 重賞で勝ち負けなど覚束ないとデータが言ってる
 (過去OP2着馬は3着1回だけ)ので、今回はバッサリ。
 代わって本命は、休み明けのOP戦で3着だった⑨。
 福島で全4勝を挙げている福島巧者。
 昇級初戦だった今年の七夕賞でいきなり3着に入ってるし、
 クラス慣れしてると考えれば、今回はチャンス充分と見る。
 対抗には、ポイント的には⑦なのだが、
 この「56.5㎏」という斤量がクセモノで、
 どうも「ハンデキャッパーが迷って500g足したらダメでした」
 ってぐらい全く馬券に絡んでないので、今回は⑫ともどもバッサリ。
 代わって、好枠を引いた②を対抗視。
 GⅡ2戦は、いかにも相手が厳しかった印象だが、
 今回は相手関係的に悪くなさそう。
 先行有利のコースでもあり、逆転も充分と見る。
 3番手には、鞍上が戻った⑪が昨年の雪辱に燃えてる感じを評価。
 4番手には、昇級戦でも⑪同様福島実績のある⑤を推してみる。

福島12R 会津特別(3上2勝クラス 芝短 1点)
  ◎ ⑦タマモティータイム
  ○ ⑭オルダージュ
  ▲ ⑬ノーブルワークス

« 「新・中央競馬予想戦記」 2020-11-14 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2020-11-21 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「新・中央競馬予想戦記」 2020-11-14 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2020-11-21 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ