« 「新・中央競馬予想戦記」 2020-12-27 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」2020年間総括 »

「新・中央競馬予想戦記」2020年第12開催を振り返って

あけましておめでとうございます。
2021年の中央競馬が始まる前に昨年のおさらいをしておかなければ…、
ということで、まずは最終開催のおさらいから。

①12/26&12/27の結果
 (1)12/26の結果
  1勝(元町S) 7敗
   回収率 34.0%
 (2)12/27の結果
  2勝(グッドラックハンデキャップ、ファイナルS) 7敗
   回収率 45.9%
   年間回収率 68.2%
   通算回収率 71.5%

②開催を振り返って
 (1)3勝クラス(旧1600万下)が割と良かった
  (19戦通算 92.7%)
 (2)重賞も、GⅢは悪くなかった。他はからっきしだけど…
  (全体:12戦30.0% GⅢ:4戦92.1% GⅡ:2戦0.0% GⅠ:6戦0.0%)
 (3)芝戦が全体的に低調
  (全体:46戦45.0% 短:26戦45.3% 中:14戦49.6% 長:6戦36.4%)
 (4)2歳戦が大ブレーキ
  (12戦通算 15.2%)
 (5)中京コースも今開催に関してはブレーキだった
  (19戦通算 36.4%)

③開催総括
 開催回収率は58.5%と低調。
 昨年に続いて年間回収率<通算回収率、という結果に終わってしまった。
 「枠連の回収が馬連の回収より良い」ということは、
 「買い目が節約されてる」ことよりも、
 やはり「予想は外れてるけど同枠の馬が来た。ラッキー!」の方が多い、
 ということ。
 やはり、予想の精度を上げることが大事なんだとは思うんだけど、
 少なくともそこまで真剣に競馬と向き合うには時間が足りない。
 万馬券を狙う、「気ほな足らないけふぉ、時々気持ちいい」アプローチに変えるのも、
 外れ続けるのに耐えられないワシとしてはなぁ…。

続けて、年間総括も上げていきます。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2020-12-27 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」2020年間総括 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「新・中央競馬予想戦記」 2020-12-27 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」2020年間総括 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ