「新・中央競馬予想戦記」 2017-10-15

本日は、全然時間が無いので、超簡易うpとなります。
ご容赦ください。
【凡例】数字左から◎◯▲△の順

東京08R(09)(05)(04)
東京09R(03)(05)(09)
東京11R(11)(01)(05)
東京12R(15)(03)(05)(14)

京都09R(05)(04)(01)(07)
京都10R(02)(16)(09)
秋華賞 (02)(01)(14)
京都12R(09)(07)(11)(16)

新潟10R(04)(01)(09)
新潟11R(02)(14)(04)(10)
新潟12R(06)(12)(14)(10)

「新・中央競馬予想戦記」 2017-10-14

10/7の結果
 1勝(本栖湖特別) 5敗
  回収率 11.8%
10/8の結果
 1勝(鷹巣山特別) 1分(りんどう賞) 4敗
  回収率 38.3%
10/9の結果
 3勝(山中湖特別、円山特別、京都大賞典) 1分(大原S) 2敗
  回収率 89.0%
  年間回収率 68.4%
  通算回収率 72.1%
土日はどっこいどっこいだが、
月曜日で今年の成績の良し悪しが如実に出た恰好となった。
京都はひとまずこの調子で行きたいが、東京は、まず買い方を改める方向で。
今週から始まる新潟は…、まぁ、ココもあまり相性が良くないからなぁ…。
10/14、10/15の買い方は以下の通り。
 東京:条件戦=複勝 OP以上=ワイド
 京都:条件戦=単勝 OP以上=ワイド
 新潟:条件戦=複勝 OP以上=馬連

東京09R プラタナス賞(2歳500万下 D短 1点)
  ◎ ③マイネルユキツバキ
  ○ ⑥ルヴァンスレーヴ
  ▲ ⑦ソリストサンダー
  △ ①スペースファルコン

東京10R 白秋S(3上1600万下 芝短 ①点)
  ◎ ③ビップライブリー
  ○ ④ロイヤルストリート
  ▲ ②スターオブペルシャ

東京11R 府中牝馬S(3上GⅡ 芝中)
  ◎ ⑦アドマイヤリード
  ○ ①ヴィブロス
  ▲ ⑩クインズミラーグロ
  △ ⑭バンゴール
 GⅠ勝馬5勝、GⅠ連対馬5勝、重賞勝馬7勝、それ以下が4勝と、
 わりと実績がモノを言うこのレース。
 いつものポイント上では⑩⑭⑫の順なのだが、
 ことごとく重賞未勝利なので本命視しにくい。
 特に⑫は、昇級初戦ということで、そういう馬は過去2度3着に入っただけ。
 勢いはあるのだろうが、今回はあっさり跳ね返されそうだ。
 というわけで、ポイント4位タイの①や⑦が本命候補に浮上するわけだが、
 実績上位でも長期休み明け&東京未経験の①は、斤量も盛られてることもあり、
 今回は対抗止まりとする。
 本命の⑦も、競走間隔自体はやや空いてるのだが、
 今年のヴィクトリアマイルを勝っていることもあり(その分斤量は盛られてるが)、
 少なくとも東京コースは問題無いだろう。
 鞍上は①に取られたが、安定感込みで連軸向きと見る。
 3番手&4番手には、ポイント上位の⑩と⑭を推す。
 ⑩は前走で⑦に先着してる上に、斤量関係も良化。あとは勝負強さが欲しいところだ。
 4番手の⑭は、距離相性の良さが光る。東京コースも3勝と地の利はある。
 あとは、地力がどこまで通用するかだろう。

京都09R 紫菊賞(2歳500万下 芝中 1点)
  ◎ ②ドンアルゴス
  ○ ⑥トゥザフロンティア
  ▲ ①マイハートビート
  △ ③タニノミステリー

京都10R 三年坂特別(3上1000万下 芝短 ①点)
  ◎ ⑨カイザーバル
  ○ ⑦レオナルド
  ▲ ⑥バルベーラ
  △ ③チトニア

京都11R 清水S(3上1600万下 芝短 2点)
  ◎ ⑩レッドアヴァンセ
  ○ ⑦サロニカ
  ▲ ⑧デンコウリキ

新潟10R 瓢湖特別(3上500万下 芝中 ①点)
  ◎ ①プライムセラー
  ○ ⑬フォンス
  ▲ ⑧マイネルツィール
  △ ⑪ウォーブル

新潟11R 魚沼特別(3上1000万下 芝中 ①点)
  ◎ ⑥ルックトゥワイス
  ○ ③トレジャートローヴ
  ▲ ④ビップレボルシオン

新潟12R 稲光特別(3上500万下 芝短 ①点)
  ◎ ⑮マッタナシ
  ○ ⑧ポルボローネ
  ▲ ⑰ミルトドリーム
  △ ⑩ファイブフォース

「新・中央競馬予想戦記」 2017-10-09

東京09R 山中湖特別(3上1000万下 芝中 1点)
  ◎ ③ナムラムラサキ
  ○ ⑩エッジースタイル
  ▲ ①ベアインマインド
  △ ⑧ペイドメルヴェイユ

東京10R 六社S(3上1600万下 芝長 1点)
  ◎ ⑤ワールドレーヴ
  ○ ③ペンタトニック
  ▲ ⑥ケンホファヴァルト
  △ ②ブライトバローズ

東京11R グリーンチャンネルC(3上OP D短)
  ◎ ⑨ラインシュナイダー  距離相性も良好
  ○ ⑧アキトクレッセント   OPなら
  ▲ ⑩マイネルバールマン そろそろ走り頃

京都09R 円山特別(3上1000万下 D短 ①点)
  ◎ ⑪ゼンノサーベイヤー
  ○ ⑥ゼットパール
  ▲ ⑤タマモコーラス
  △ ⑯サザンボルケーノ

京都10R 大原S(3上1600万下 芝中 2点)
  ◎ ⑥ストーンウェア
  ○ ④トーセンマタコイヤ
  ▲ ③マウントゴールド

京都11R 京都大賞典(3上GⅡ 芝長)
  ◎ ⑤ミッキーロケット
  ○ ③シュヴァルグラン
  ▲ ④スマートレイヤー
 毎日王冠ほどではないが、
 このレースも重賞連対以上がおおむね連対の条件となる。
 とはいえ、ポイントトップの④は牝馬の上に7歳という高齢。
 ちょっと本命視しにくいので、3番手とする。
 代わって本命視するのは、同じ条件の日経新春杯を勝っている⑤。
 阪神でのGⅠ2戦ではともに掲示板外だったが、
 もともと平坦馬場でしか勝ってない馬なので、今回は当然好条件と言えるだろう。
 対抗には、長いところでの力には定評のある④。
 鞍上も今回はテン乗りとはいえ頼れるデムーロ騎手。ココは勝負駆けと見るが…。

「新・中央競馬予想戦記」 2017-10-08

東京09R 鷹巣山特別(3上1000万下 芝短 2点)
  ◎ ③サーブルオール
  ○ ⑤ボーダーオブライフ
  ▲ ④ロードリベラル
  △ ⑫ルネイション

東京10R テレビ静岡賞(3上1600万下 D短 1点)
  ◎ ⑬レッドゲルニカ
  ○ ⑫グラスエトワール
  ▲ ⑪ダノンフェイス

東京11R 毎日王冠(3上GⅡ 芝中)
  ◎ ⑫サトノアラジン
  ○ ④アストラエンブレム
  ▲ ①ソウルスターリング
 過去のデータ的にはわりと単純で、
 おおむね重賞勝ち以上の実績が無いと連対どころか
 3着もおぼつかないレースなのだが、
 今年は諸条件が絡んで難解なレースになっている。
 ポイントトップの④は、過去1勝(1997スガノオージ)しかいない
 重賞2着までしか実績の無い馬。近走内容は充実しているが本命視はしにくい。
 対抗止まりとした。
 ポイント2位の①は、勝てば61年ぶりというぐらいなのでやはり本命に推しにくいし、
 もっと良くないのは彼女が「オークス馬」であるという点。
 牡馬GⅠを勝った馬が決して多くない、ある意味不遇のレースの勝馬。
 もっとも、彼女が「歴史的名馬」(少なくともブエナビスタ級)である
 可能性は否定できないので、3番手に押さえておく。
 ポイント3位の⑦は、3着までしかない重賞未連対のOP勝馬。今回はバッサリ。
 ポイント4位が、③⑪⑫と3頭いるが、③は⑦と同じ理由でバッサリ。
 ⑪はこの距離得意そうだし、2010年のアリゼオと成績が似通っているので
 可能性はあるが、クラシックで掲示板にも入って無い馬に、
 そこまで可能性は感じないので、今回は見送り。
 残った⑫は、GⅠ馬でもあるし、東京コースとの相性も良さそうなので、
 今回はこの馬を本命視しようと思う。

京都09R りんどう賞(2歳500万下 芝短 2点)
  ◎ ②サイエン
  ○ ③アリア
  ▲ ①スズカフェラリー
  △ ⑥レッドシャーロット

京都10R 清滝特別(3上1000万下 芝中 ①点)
  ◎ ⑨ウォータービルド
  ○ ⑫クリノヤマトノオー
  ▲ ③サマーローズ

京都11R オパールS(3上OP 芝短)
  ◎ ⑬キングハート   安定感買って
  ○ ①コウエイタケル  斤量恵まれた
  ▲ ⑫タマモブリリアン 勢い評価して

「新・中央競馬予想戦記」 2017-10-07

東京09R 西湖特別(3上1000万下 D短 ①点)
  ◎ ⑩ストロボスコープ
  ○ ④ベバスカーン
  ▲ ⑯キチロクステージ
  △ ⑦シルバーポジー

東京10R 本栖湖特別(3上1000万下 芝長 1点)
  ◎ ⑦ウインヴォラーレ
  ○ ④チェスナットコート
  ▲ ⑫サーレンブラント

東京11R サウジアラビアロイヤルC(2歳GⅢ 芝短)
  ◎ ⑯ステルヴィオ
  ○ ⑭テンクウ
  ▲ ⑥[地]ダブルシャープ
  △ ⑬カーボナード

京都09R 北國新聞杯(3上1000万下 D中 1点)
  ◎ ③カバトット
  ○ ⑦カルムパシオン
  ▲ ⑭サハラファイター
  △ ⑧テイエムコンドル

京都10R 久多特別(3上1000万下 芝短 1点)
  ◎ ⑪マイネルパラディ
  ○ ④テラノヴァ
  ▲ ③メイショウベルボン
  △ ⑦ペスカネラ

京都11R 平城京S(3上1600万下 D中 ①点)
  ◎ ⑪クリノリトミシェル
  ○ ⑮サージェントバッジ
  ▲ ⑤ヴァローア

「新・中央競馬予想戦記」2017年第9開催を振り返って

①9/30、10/1の結果
 (1)9/30の結果
  2勝(秋風S、芦屋川特別) 4敗
   回収率 42.0%
 (2)10/1の結果
  7敗
   回収率 0.0%
   年間回収率 68.9%
   通算回収率 72.2%

②開催を振り返って
 (1)セントウルS神戸新聞杯での4ケタ配当ゲットで、以下のカテゴリーが好成績
  ○3歳限定戦(4戦通算 335.6%)
  ○GⅡ(5戦通算 340.9%)
  ○芝(全体:40戦140.8% 短:20戦102.7% 中:16戦76.4% 長:4戦672.9%)
  ○阪神コース(開催:28戦通算182.0% 年間:106戦通算101.3%)
 (2)1000万下もなんか良かった(22戦通算 116.4%)
 (3)GⅡしか取れなかったが、重賞は全体としては好成績
  (全体:10戦191.2% GⅢ:4戦0.0% GⅡ:割愛 GⅠ:1戦0.0%)
 (4)実はダートも中長距離を中心に好成績
  (全体:15戦102.0% 短:7戦55.0% 中長:8戦133.3%)

③開催総括
 芝もダートも全体として100%を超えてるのだから、
 開催回収率も当然100%越えの126.7%。
 3連単一本釣り成功が最大要因だが、
 セントウルSも4ケタ配当だったし、複勝500円UP(鋸山特別)や、
 条件戦で300円以上の配当が5本と、立ち回りがうまくいった印象。
 それだけに、最終日のボウズが「詰めの甘さ」と見えなくもないが、
 一本釣りの反動と捉えておくことにする。
 開催替わりで、コースががらっと変わるのは善し悪し。
 最終日の詰めの甘さを考えると、心機一転の好機と捉えることもできるが、
 基本的に得意でないコースなので、そう楽観視できないのも事実。
 ひとまず、年間70%が見えてきたので、
 そこを次開催中に突破しておきたいところではある。

④10/7、10/8、10/9の買い方
 東京:条件戦=複勝 OP以上=枠連
 京都:条件戦=複勝 OP以上=
ワイド

「新・中央競馬予想戦記」 2017-10-01

中山09R サフラン賞(2歳500万下 芝短 1点)
  ◎ ③ウインディマンシュ
  ○ ⑧ミュージアムヒル
  ▲ ⑦トーセンアンバー

中山10R 勝浦特別(3上1000万下 芝短 1点)
  ◎ ⑭サレンティーナ
  ○ ②クラウンアイリス
  ▲ ④コロラトゥーレ

中山11R スプリンターズS(3上GⅠ 芝短)
  ◎ ⑧レッドファルクス
  ○ ③セイウンコウセイ
  ▲ ⑯ダンスディレクター
  △ ⑦ダイアナヘイロー
 いつも通りのポイント上は、⑯や⑦の方が上位なのだが、
 ⑯は年齢的に勝ちの無い7歳馬だし、
 ⑦は実績のある馬場とこの舞台との繋がりがあまり強くないので、それぞれ評価下げ。
 結局は人気の2頭が浮上してしまった。
 本命視の⑧は、ブッツケな点と難しい連覇がかかってるところが気になるが、
 鞍上は期待できるので、どちらかというと連軸期待か。
 対抗の③も、間隔は空いてるし中山実績も無いのが気になるところなのだが、
 安定感自体はあるので、そこまで無様な競馬しないと見ているのだが…。
 3番手に下げた⑯は、前走無難にまとめてきてるので今回も期待できそうだし、
 4番手にした⑦は4連勝中と勢いがあるため、バッサリとは行けない。

中山12R 内房S(3上1600万下 D中 1点)
  ◎ ⑨パルトネルラーフ
  ○ ⑭クラシックメタル
  ▲ ⑦マイネルバサラ
  △ ⑪スターストラック

阪神09R 兵庫特別(3上1000万下 芝長 1点)
  ◎ ④デンコウインパルス
  ○ ⑥アグリッパーバイオ
  ▲ ⑦ダノンディスタンス
  △ ③サトノグラン

阪神10R 道頓堀S(3上1600万下 芝短 1点)
  ◎ ④スカイパッション
  ○ ⑥ナガラフラワー
  ▲ ⑦アットザシーサイド
  △ ⑨スマートグレイス

阪神11R ポートアイランドS(3上OP 芝短)
  ◎ ④ケントオー     OPなら
  ○ ⑦ボンセルヴィーソ 1つ叩いて
  ▲ ⑧マイネルハニー  逃げさえすれば

「新・中央競馬予想戦記」 2017-09-30

9/23の結果
 4勝(九十九里特別、セプテンバーS、ききょうS、大阪スポーツ杯) 3敗
  回収率 65.5%
9/24の結果
 1勝(神戸新聞杯) 3分(芙蓉S、外房S、オールカマー) 2敗
  回収率 331.3%
  年間回収率 69.8%
  通算回収率 72.2%
 日曜日の回収率が妙に高いのは、神戸新聞杯で「3連単1点買い」などという
 お戯れをやった結果、ホントに当たってしまったから。
 こんな事だったら、ちゃんと予想について書いておけば…、とも思うんですが、
 まぁこんなことはそうそう無いと思うので、やっぱりやめておきます。
 だいたい、1番人気だから3180円しか付いてないし、
 それを加算しても年間70%にも到達しないんだから、
 今年の負けっぷりがハンパないことをむしろ強調してる気がするわけで…。
 9/30、10/1の買い方は以下の通り。
  中山:条件戦=単勝 OP以上=ワイド
  阪神:条件戦=単勝 OP以上=ワイド

中山09R カンナS(2歳OP 芝短)
  ◎ ⑬[地]リュウノユキナ
  ○ ⑦ヴァイザー
  ▲ ⑭ニシノコデマリ

中山10R 習志野特別(3上1000万下 芝中 ①点)
  ◎ ⑨レッドローゼス
  ○ ②エフティスパークル
  ▲ ⑧ユニゾンデライト
  △ ⑮ミッシングリンク

中山11R 秋風S(3上1600万下 芝短 ①点)
  ◎ ②ジュールポレール
  ○ ③フロンテアクイーン
  ▲ ⑩ストーミーシー

阪神09R ヤマボウシ賞(2歳500万下 D短 ①点)
  ◎ ③レディバード
  ○ ⑥メイショウヒサカタ
  ▲ ⑨ヒロシゲゴールド
  △ ⑬ペガッソ

阪神10R 芦屋川特別(3上1000万下 芝短 1点)
  ◎ ⑮グレイトチャーター
  ○ ④ブラッククローバー
  ▲ ①ダイトウキョウ

阪神11R シリウスS(3上GⅢ D中)
  ◎ ⑥マスクゾロ
  ○ ⑪マインシャッツ
  ▲ ⑫ミツバ
 本命は、除外を挟んで3勝2着1回と、近走内容充実の⑥で仕方ないだろう。
 ハンデキャッパーも実力を認めてるし、安定感もある。
 安定感という意味では、対抗の⑪も負けてない。
 距離経験こそ無いが、阪神実績は高いし、鞍上も「あの」武豊。
 初めての距離でもうまく乗りこなしてくれると見る。
 3番手評価とはいえ、⑫もハンデキャッパーに実力は認められており、
 しかも連勝中。鞍上相性、阪神実績も充分で、状態が万全なら逆転も充分だろう。

「新・中央競馬予想戦記」 2017-09-24

中山09R 芙蓉S(2歳OP 芝中)
  ◎ ⑤ノーブルバルカン
  ○ ⑥ファストアプローチ
  ▲ ④サンリヴァル

中山10R 外房特別(3上1000万下 芝短 2点)
  ◎ ⑤キャプテンペリー
  ○ ⑧ハウメア
  ▲ ⑦エメラルスター

中山11R オールカマー(3上GⅡ 芝中)
  ◎ ⑨タンタアレグリア
  ○ ⑦アルバート
  ▲ ⑮カフジプリンス
  △ ⑧ステファノス
 本命は、何かと休みがちだがそれなりの結果は出し続けている⑨。
 今回も半年以上の休み明けだが、距離は間違いなく向くと思うので、
 いきなりでも期待していいと思う。
 とはいえ、やはり休み明けは不安要素ではあるので、今回は4頭BOXで行く。
 まず対抗には、近走長いところで重賞2勝している⑦。
 相手関係はそう悪くなさそうだし、2000mでも2400mでも2勝してる馬なので、
 距離への対応は充分できるはずだが…。
 3番手には、いまだ重賞未勝利でも⑮。
 前走はかなり評価できるし、2200mも実績有。
 ただ、正直持ち時計はイマイチだし、今回の乗り替わりも不安要素。
 むしろ、大阪杯でキタサンブラックに迫った⑧辺りの方が、
 鞍上も含めてよほど当てになるような気がするんだが…。

阪神09R 甲東特別(3上1000万下 芝短 1点)
  ◎ ④カイザーバル
  ○ ⑤テラノヴァ
  ▲ ①ムーンクエイク

阪神10R ムーンライトハンデキャップ(3上1600万下 芝中 ①点)
  ◎ ⑫ラヴィエベール
  ○ ⑩ハクサンルドルフ
  ▲ ⑬ギモーヴ

阪神11R 神戸新聞杯(3歳GⅡ 芝長)
  ◎ ⑧レイデオロ
  ○ ⑤キセキ
  ▲ ②サトノアーサー

「新・中央競馬予想戦記」 2017-09-23

9/16の結果
 3勝(松戸特別、瀬戸内海特別、オークランドRCT) 4敗
  回収率 69.1%
9/17の結果
 3勝(汐留特別、初風特別、ラジオ日本賞) 3敗
  回収率 83.6%
9/18の結果
 4勝(白井特別、セントライト記念、甲武特別、吹田特別) 2敗
  回収率 180.9%
  年間回収率 67.0%
  通算回収率 72.0%
レース数を重ねて、だいぶ回復しにくくなっているが、
それでもまずは年間70%回復に向けて、着実に積み重ねております。
まだ、何があるか分からないし(間違えて万馬券引き当てるとか)、
とにかく「年間>通算」をまずは目指して行きます。
9/23、9/24の買い方は以下の通り。
 中山:条件戦=複勝 OP以上=ワイド
 阪神:条件戦=単勝 OP以上=ワイド

中山08R 清秋ジャンプS(3上JOP 障害)
  ◎ ③マイネルプロンプト 前走評価して
  ○ ⑥トーアディラン    相手なりに走る
  ▲ ⑨スズカプレスト    しぶとい

中山09R 九十九里特別(3上1000万下 芝長 ①点)
  ◎ ④ウインヴォラーレ
  ○ ⑥マイネルヴンシュ
  ▲ ⑦フジマサエンペラー

中山10R 茨城新聞杯(3上1000万下 D中 1点)
  ◎ ④サラセニア
  ○ ⑭クラシコ
  ▲ ⑯リヴェルディ

中山11R セプテンバーS(3上1600万下 芝短 ①点)
  ◎ ④タマモブリリアン
  ○ ⑩アドマイヤナイト
  ▲ ⑯ニシオボヌール

阪神09R ききょうS(2歳OP 芝短)
  ◎ ②アイアンクロー
  ○ ⑪タワーオブロンドン
  ▲ ①バーニングペスカ

阪神10R 夕月特別(3上1000万下 芝中 1点)
  ◎ ②テーオービクトリー
  ○ ⑩レーヌドブリエ
  ▲ ⑪ラヴアンドドラゴン

阪神11R 大阪スポーツ杯(3上1600万下 D短 1点)
  ◎ ⑦サトノファンタシー
  ○ ⑫カネトシビバーチェ
  ▲ ①ダノンフェイス

より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ