「新・中央競馬予想戦記」 2017-05-27

5/20の結果
 3勝(メイS、メルボルントロフィー、火打山特別) 7敗
  回収率 82.7%
5/21の結果
 2勝(日吉特別、御室特別) 9敗
  回収率 64.1%
  年間回収率 69.9%
  通算回収率 72.3%
 今週から函館開催が始まるまでは2場開催なので、
 ひとまず年間回収率は下げ止まったと思いたいが、
 一方でトータル戦であることが多いワシにすると、単純にチャンスが減るので、
 上昇の目も限りなく薄くなったと言わざるを得ない。
 とはいえ、せめて通算≦年間ぐらいまでは持ち直したい。
 5/27、5/28の買い方は以下の通り。
  東京:条件戦=単勝 OP以上=枠連
  京都:条件戦=単勝 OP以上=ワイド

東京09R 富嶽賞(4上1000万下 D短 3点)
  ◎ ⑧メリートーン
  ○ ⑯メイスンスパート
  ▲ ⑤エイシンパライソ

東京10R 葉山特別(4上1000万下 芝短 ①点)
  ◎ ⑫ムーンクエイク
  ○ ⑦ラベンダーメモリー
  ▲ ⑤レーヌドブリエ

東京11R 欅S(4上OP D短)
  ◎ ③ブラゾンドゥリス  東京相性良好
  ○ ⑮エイシンバッケン 前走評価して
  ▲ ⑩キタサンサジン   安定感買って

京都08R 京都ハイジャンプ(4上JGⅡ 障害)
  ◎ ④スズカプレスト
  ○ ⑧マドリードカフェ
  ▲ ⑩ルベールノエル
  △ ②アズマタックン
 本命は、相手なりに走れる④。今回に関しては、連軸向きの本命だが、
 距離延長がどう出るか。
 対抗以下はさらに混戦。
 障害戦連勝中で、地脚もある⑧は、勝馬候補としては最右翼だが、
 障害戦キャリアは2戦なので、まだ信用し切れないところがある。
 3番手は、去年の中山大障害で3着にも入ってる⑩。
 遠征経験が乏しいのが少々気になるが、障害戦キャリアは充分だ。
 あとは、前走⑧の2着だった②も、若い分斤量が軽いので、
 その差を活かせれば上位進出のチャンスは充分にあると見る。

京都09R 御池特別(4上1000万下 芝短 ①点)
  ◎ ⑦スマートグレイス
  ○ ⑤ダイアナヘイロー
  ▲ ⑬ハピネス

京都10R 白百合S(3歳OP 芝中)
  ◎ ④サトノクロニクル
  ○ ①ゴールドハット
  ▲ ③グラットシエル

京都11R 朱雀S(4上1600万下 芝短 2点)
  ◎ ⑩ワントゥワン
  ○ ①スマートカルロス
  ▲ ⑨オースミナイン
  △ ⑯コウエイタケル

「新・中央競馬予想戦記」 2017-05-21

東京08R 日吉特別(4上1000万下 D短 ①点)
  ◎ ④コロマンデル
  ○ ⑦レレマーマ
  ▲ ⑤ハシカミ

東京09R 調布特別(4上1000万下 芝中 1点)
  ◎ ⑦サトノキングダム
  ○ ①アヴニールマルシェ
  ▲ ⑨シングンジョーカー
  △ ③エフティスパークル

東京10R フリーウェイS(4上1600万下 芝短 1点)
  ◎ ①ワキノヒビキ
  ○ ⑯アンタラジー
  ▲ ⑦ドーヴァー

東京11R 優駿牝馬(オークス)(3歳GⅠ 芝長)
  ◎ ②ソウルスターリング
  ○ ⑭リスグラシュー
  ▲ ③フローレスマジック

東京12R 丹沢S(4上1600万下 D中 ①点)
  ◎ ⑥ウインユニファイド
  ○ ⑦シャイニービーム
  ▲ ⑩プリンシアコメータ
  △ ③ケンベストカフェ

京都09R 御室特別(4上1000万下 芝中 1点)
  ◎ ③レイホーロマンス
  ○ ⑤アンドリエッテ
  ▲ ⑩クィーンズベスト
  △ ⑥メイショウタチマチ

京都10R 鳳雛S(3歳OP D中)
  ◎ ①サンライズノヴァ
  ○ ⑧メイショウラケーテ
  ▲ ④エルデュクラージュ

京都11R 下鴨S(4上1600万下 芝中 1点)
  ◎ ①レトロロック
  ○ ⑥ノーブルマーズ
  ▲ ④ヴォージュ

新潟10R 高田城特別(4上500万下 芝中 2点)
  ◎ ⑥ウイングチップ
  ○ ⑫ロードプレミアム
  ▲ ⑧モンテエベレスト
  △ ③ゴールドサーベラス

新潟11R 韋駄天S(4上OP 芝短)
  ◎ ⑯ラインミーティア   好枠引いた
  ○ ④イオラニ        斤量恵まれた
  ▲ ⑪プレイズエターナル 連勝機

新潟12R 大日岳特別(4上1000万下 芝短 1点)
  ◎ ⑬シルヴァーコード
  ○ ⑩グラミスキャッスル
  ▲ ②クラウンアイリス

「新・中央競馬予想戦記」 2017-05-20

5/13の結果
 3勝(緑風S、蹴上特別、八海山特別) 6敗
  回収率 29.5%
5/14の結果
 10敗
  回収率 0.0%
  年間回収率 69.8%
  通算回収率 72.1%
 日曜日のボウズが、まさに今週の全て。
 一気に年間回収率も70%割れしてるし、まるで良いところなし。
 一時調子の良かった3歳限定戦も、今となってはそうでもないし、
 しばらくは厳しい戦いを強いられることになりそうだ。
 5/20、5/21の買い方は以下の通り。
  東京:条件戦=単勝 OP以上=枠連
  京都:条件戦=単勝 OP以上=馬連
  新潟:条件戦=単勝 OP以上=ワイド

東京09R カーネーションC(3歳500万下 芝中 1点)
  ◎ ⑬イストワールファム
  ○ ⑨シンボリバーグ
  ▲ ⑧ムーンザムーン

東京10R 是政特別(4上1000万下 D中 1点)
  ◎ ⑩ノワールギャルソン
  ○ ⑬モンドアルジェンテ
  ▲ ⑦アバオアクー

東京11R メイS(4上OP 芝中)
  ◎ ⑨アストラエンブレム 前走評価して
  ○ ①タイセイサミット   安定感買って
  ▲ ⑤プロフェット      鞍上にも期待

京都08R メルボルントロフィー(3歳500万下 芝中 ①点)
  ◎ ②アルメリアブルーム
  ○ ④レジェンドセラー
  ▲ ⑦フリーフリッカー
  △ ①ダノンマロン

京都10R シドニートロフィー(4上1600万下 D短 1点)
  ◎ ⑨キャプテンシップ
  ○ ③メイショウワダイコ
  ▲ ⑦ゼンノサーベイヤー
  △ ⑫ディープミタカ

京都11R 平安S(4上GⅢ D中)
  ◎ ⑨グレイトパール
  ○ ⑮グレンツェント
  ▲ ⑦アスカノロマン
 本命は、ポイント的には⑥なのだが、
 このレースは7歳以上になると成績ががたっと落ちるので、今回は除外。
 替わって本命は、4連勝中と勢いに乗る⑨。
 レース数が少ない中でも京都D1900mで3勝を挙げており、
 今回は戴冠のチャンスと見る。
 対抗には、斤量は厳しいが1つ叩いて改めて期待の⑮。
 安定感もあり、少なくとも無様な競馬しないだろう。
 3番手には、京都コースと相性の良い⑦。
 コチラも、京都D1900mで2勝を挙げており、実績面では本命以上のものがある。
 前走では⑨に先着もしており、逆転も充分と見る。

京都12R オーストラリアトロフィー(4上1000万下 芝中 1点)
  ◎ ①バティスティーニ
  ○ ⑤ディープウェーブ
  ▲ ⑦オウケンブラック

新潟10R 早苗賞(3歳500万下 芝中 1点)
  ◎ ④フィアーノロマーノ
  ○ ⑩ドンリッチ
  ▲ ③ヤマニンルサリー
  △ ⑤セダブリランテス

新潟11R 火打山特別(4上1000万下 D短 2点)
  ◎ ③タガノヴィッター
  ○ ⑪パッシングブリーズ
  ▲ ⑦ブルームーン
  △ ⑭ウインバローラス

新潟12R 湯沢特別(4上500万下 芝短 1点)
  ◎ ⑪ベリースコール
  ○ ③スナークスカイ
  ▲ ⑩ゲンパチハヤブサ

「新・中央競馬予想戦記」 2017-05-14

東京09R テレ玉杯(4上1000万下 芝中 1点)
  ◎ ⑤プリモンディアル
  ○ ①ラベンダーメモリー
  ▲ ⑥ヴァフラーム

東京10R 青竜S(3歳OP D短)
  ◎ ④サンチェサピーク
  ○ ⑤スマートレイチェル
  ▲ ⑫アナザートゥルース

東京11R ヴィクトリアマイル(4上GⅠ 芝短)
  ◎ ⑪ミッキークイーン
  ○ ⑭レッツゴードンキ
  ▲ ⑧クイーンズリング
 本命は、去年の2着馬⑪。持ち時計も優秀だし、安定感もある。
 対抗には、前々走約2年ぶりに勝った⑭。
 相手なりに走れるのが強みだが、どうにも勝ち切れないところが玉にキズ。
 かと言って、今となっては連軸にするほど安定感も無いし…。
 3番手には、ポイント的には②なのだが、年齢的に厳しい
 (7歳以上の連対馬は去年の勝馬ストレイトガールだけ)ので除外し、
 替わって⑧を推す。
 前走は、久しぶりだったせいもあり案外な内容だったが、
 エリザベス女王杯では⑪に先着して勝ってるので、
 単純な力関係では互角以上と見る。

東京12R BSイレブン賞(4上1600万下 D短 ①点)
  ◎ ⑬ベック
  ○ ①クワドルーブル
  ▲ ⑥シュテルングランツ

京都09R 白川特別(4上1000万下 芝長 1点)
  ◎ ①ニホンピロカーン
  ○ ②ロゼリーナ
  ▲ ③ステイキングダム
  △ ⑩レイトライザー

京都10R 錦S(4上1600万下 芝短 ①点)
  ◎ ⑦オースミナイン
  ○ ①ストーンウェア
  ▲ ⑧ブレイクザポケット

京都11R 栗東S(4上OP D短)
  ◎ ⑥コウエイエンブレム 連勝の勢いで
  ○ ⑧プレスティージオ   距離相性買って
  ▲ ⑬ゴーイングパワー  地力は上位
  △ ⑩イーデンホール   斤量は恵まれた

新潟10R 胎内川特別(4上500万下 芝中 ①点)
  ◎ ⑩シャインブライト
  ○ ⑥ヒメタチバナ
  ▲ ①ラウレアブルーム

新潟11R 赤倉特別(4上1000万下 芝中 ①点)
  ◎ ⑭レーヌドブリエ
  ○ ⑨オブリゲーション
  ▲ ①ラインハーディ
  △ ⑪ゴールドエッセンス

新潟12R 飛竜特別(4上500万下 芝短 ①点)
  ◎ ③コウユーココロザシ
  ○ ⑦サチノクイーン
  ▲ ④フェザリータッチ

「新・中央競馬予想戦記」 2017-05-13

5/6の結果
 4勝(立夏S、プリンシパルS、パールS、駿風S) 5敗
  回収率 89.3%
5/7の結果
 3勝(矢車賞、上賀茂S、荒川峡特別) 1分(中ノ岳特別) 6敗
  回収率 19.2%
  年間回収率 73.1%
  通算回収率 72.3%
 本命馬がそれなりに1着に入ってくれているのに、イマイチ回収に結び付いてない。
 対抗以下の選択が悪いだけなら良いんだが、
 選択の仕方そのものに問題があるのかもしれない。
 上半期は、ひとまずこのままで行くが、その辺を目途に見直ししないとかなぁ…。
 5/13、5/14の買い方は以下の通り。
  東京:条件戦=複勝 OP以上=枠連
  京都:条件戦=複勝 OP以上=馬連
  新潟:条件戦=単勝 OP以上=ワイド

東京09R 夏木立賞(3歳500万下 芝中 1点)
  ◎ ③グローリーハンター
  ○ ④ネームユアポイズン
  ▲ ②ゴールドスミス

東京10R 緑風S(4上1600万下 芝長 ①点)
  ◎ ⑪リッチーリッチー
  ○ ③トーセンマタコイヤ
  ▲ ⑥ウインブルーローズ

東京11R 京王杯スプリングC(4上GⅡ 芝短)
  ◎ ⑨グランシルク
  ○ ④サトノアラジン
  ▲ ③キャンベルジュニア
 本命は、今年に入って惜しい競馬が続く⑨。
 重賞勝ちが無いというところも惜しい馬なのではあるが、
 今回は相手関係的には初戴冠のチャンス充分と見る。
 対抗には、前年の覇者④。今年初出走ということもあり、
 対抗止まりだが実績的には逆転も充分。
 3番手には、前走では⑨に先着(2着)した③。
 距離が初経験なこともあり3番手評価だが、勢いは侮れないものがある。

京都09R 蹴上特別(4上1000万下 D中 ①点)
  ◎ ②ジョーダンキング
  ○ ⑦トウカイエクレール
  ▲ ⑩ガンコ
  △ ⑤ソルプレーサ

京都10R 葵S(3歳OP 芝短)
  ◎ ⑫ダノンハイパワー
  ○ ⑭アーケロンバイオ
  ▲ ③ショウナンマッシブ
  △ ⑤スピールアスール

京都11R 都大路S(4上OP 芝中)
  ◎ ③ハクサンルドルフ 安定感買って
  ○ ④ベルーフ      相手なりに走る
  ▲ ⑥パドルウィール  鞍上戻って

新潟10R はやぶさ賞(3歳500万下 芝短 2点)
  ◎ ⑦ヨドノベスト
  ○ ⑤チェアーグライド
  ▲ ①ウランゲル

新潟11R 八海山特別(4上1000万下 D短 3点)
  ◎ ①ウインオスカー
  ○ ⑬アデレードヒル
  ▲ ③ダブルフェイス

新潟12R 石打特別(4上500万下 芝中 ①点)
  ◎ ⑥エクストラファイン
  ○ ④アウェイク
  ▲ ⑨グランディフローラ
  △ ②ダイワミランダ

「新・中央競馬予想戦記」 2017-05-07

東京09R 湘南S(4上1600万下 芝短 2点)
  ◎ ⑨ハナズレジェンド
  ○ ⑧マリオーロ
  ▲ ③マイネルメリエンダ
  △ ⑩デルカイザー

東京10R ブリリアントS(4上OP D中)
  ◎ ②ミツバ       1つ叩いて
  ○ ⑦エネスク      連勝の勢いで
  ▲ ⑨マイネルトゥラン 距離相性買って

東京11R NHKマイルC(3歳GⅠ 芝短)
  ◎ ⑯アエロリット
  ○ ④カラクレナイ
  ▲ ①モンドキャンノ

東京12R 立川特別(4上1000万下 D短 3点)
  ◎ ②アナザーバージョン
  ○ ⑦カネータ
  ▲ ⑧エタニティーワルツ

京都09R 矢車賞(3歳500万下 芝中 ①点)
  ◎ ⑤ディアドラ
  ○ ①ドロウアカード
  ▲ ⑦レイズアベール
  △ ③ルエヴェルロール

京都10R 上賀茂S(4上1600万下 D中 ①点)
  ◎ ①オールマンリバー
  ○ ⑫マインシャッツ
  ▲ ⑩オルナ

京都11R 鞍馬S(4上OP 芝短)
  ◎ ⑩キングハート    安定感買って
  ○ ⑬オールインワン  連勝の勢いで
  ▲ ⑤セカンドテーブル 前走評価して

新潟10R 荒川峡特別(4上500万下 芝長 ①点)
  ◎ ⑨フォイヤーヴェルク
  ○ ⑫ジャストコーズ
  ▲ ⑦エアワイバーン

新潟11R 新潟大賞典(4上GⅢ 芝中)
  ◎ ②サンデーウィザード
  ○ ⑬レッドソロモン
  ▲ ⑧フルーキー
  △ ④シャイニープリンス
 ローカルのハンデ戦という、難解なレースの典型のようなこのレース。
 本命は、前走初のOP戦を無難にこなした②。
 この「OP経験」というのが実は重要で、
 このレース、実はOP経験の無い馬の連対実績がない(3着が1回あるだけ)のである。
 というわけで、⑤や⑮辺りも評価は高いのだが、この条件に引っ掛かってるので、
 今回はバッサリ行きます。
 対抗に推すのは、芝2000mで実に5勝を挙げている⑬。
 競走間隔も空いてるし、左回り実績にも疑問符が付くのだが、
 今回は相手関係的に充分通用するはずなので、左回りさえこなせば逆転も充分。
 3番手は、トップハンデの⑧。
 去年の2着馬でもあるし、実力上位なのだが、距離はギリギリか。
 左回りも勝鞍が無いので、今年も2着狙いということで。
 あとは、休み明けを1つ叩いた④も、繊細な斤量設定がなされており、
 この0.5㎏の斤量減が逆転の一手になるかも…。

新潟12R 中ノ岳特別(4上1000万下 D中 2点)
  ◎ ⑫リアリスト
  ○ ⑥ディアドナテロ
  ▲ ⑮コスモボアソルテ

「新・中央競馬予想戦記」 2017-05-06

4/29の結果
 4勝(秩父特別、春光S、烏丸S、天王山S) 2分(邁進特別、二王子特別) 3敗
  回収率 85.0%
4/30の結果
 3勝(晩春S、天皇賞(春)谷川岳S) 1分(五泉特別) 7敗
  回収率 92.5%
  年間回収率 74.9%
  通算回収率 72.3%
春天は、結果的には買い過ぎたレースだった。
枠連3頭BOXとかで、サクッと仕上げた方が回収率的には良かったわけだが、
まぁしょせん結果論。当たって良かったわけである。
それよりも、東京コースの数字が伸びてこないので、
今週から始まる東京GⅠ5連戦に向けて、決して良くない傾向が現れている。
いつも通り、自信を持って「裏街道の帝王」とかになれれば、
GⅠ取れなくても目はつぶれるんだろうが…。
5/6、5/7の買い方は以下の通り。
 東京:条件戦=複勝 OP以上=ワイド
 京都:条件戦=複勝 OP以上=枠連
 新潟:条件戦=複勝 OP以上=ワイド

東京09R 立夏S(4上1600万下 D短 1点)
  ◎ ⑤ゴールデンバローズ
  ○ ⑦イーグルフェザー
  ▲ ①シャドウチェイサー

東京10R メトロポリタンS(4上OP 芝長)
  ◎ ⑩ヴォルシェーブ   安定感買って
  ○ ⑤ハッピーモーメント 相手なりに走る
  ▲ ②マイネルサージュ  東京相性良さげ

東京11R プリンシパルS(3歳OP 芝中)
  ◎ ①レッドローゼス
  ○ ⑦ロードアルバータ
  ▲ ⑩スズカメジャー

京都09R 鴨川特別(4上1000万下 芝中 1点)
  ◎ ⑤ラディウス
  ○ ⑨ダブルイーグル
  ▲ ③レトロロック

京都10R パールS(4上1600万下 芝中 ①点)
  ◎ ④ミエノサクシード
  ○ ⑪ワントゥワン
  ▲ ⑦カレンリスベット
  △ ⑤バンゴール

京都11R 京都新聞杯(3歳GⅡ 芝中)
  ◎ ⑧ミッキースワロー
  ○ ⑪プラチナムバレット
  ▲ ④インヴィクタ

新潟10R わらび賞(3歳500万下 D中 1点)
  ◎ ⑭スプリングフット
  ○ ⑩スペシャルホース
  ▲ ⑪テイエムアンムート
  △ ⑤アルムチャレンジ

新潟11R 駿風S(4上1600万下 芝短 1点)
  ◎ ⑭イオラニ
  ○ ⑦ラインミーティア
  ▲ ⑮プレイズエターナル

新潟12R 三条特別(4上500万下 芝短 1点)
  ◎ ⑦アドマイヤロマン
  ○ ①カレンオプシス
  ▲ ⑫ハドソンシチー

「新・中央競馬予想戦記」 2017-04-30

東京09R 陣馬特別(4上1000万下 芝長 1点)
  ◎ ⑧マイネルフレスコ
  ○ ⑥ウインヴォラーレ
  ▲ ①ジュンスパーヒカル

東京10R 晩春S(4上1600万下 芝短 ①点)
  ◎ ⑦ビップライブリー
  ○ ④テラノヴァ
  ▲ ③マテンロウハピネス

東京11R スイートピーS(3歳OP 芝中)
  ◎ ⑱ウインシャトレーヌ
  ○ ⑰ポールヴァンドル
  ▲ ②シーズララバイ

京都08R 鷹ヶ峰特別(4上1000万下 芝短 1点)
  ◎ ①ダノンシーザー
  ○ ⑦ビットレート
  ▲ ⑮ウェーブヒーロー

京都09R 糺の森特別(4上1000万下 芝中 1点)
  ◎ ⑩アッフィラート
  ○ ⑪ペプチドサブル
  ▲ ⑨ラルク
  △ ⑤アプリコットベリー

京都10R 端午S(3歳OP D短)
  ◎ ⑫ウラガーノ
  ○ ⑥メイショウラケーテ
  ▲ ④スターカットダイヤ

京都11R 天皇賞(春)(4上GⅠ 芝長)
  ◎ ③キタサンブラック
  ○ ⑮サトノダイヤモンド
  ▲ ⑥シュヴァルグラン
  △ ①シャケトラ
  △ ⑫ゴールドアクター
 本命&対抗は外せない2頭ではあるが、やはり③は運が太い。
 この状況でも「ブラック」の「(北島)三郎」枠を引いてくるのだから。
 距離も長いので、押し出されるように先頭でレースを運ぶまである。
 そうなると、なおのこと③が主導権を取るレースになるので、
 他の馬には厳しいレースが予想される。
 それでも、斤量差があったとはいえ有馬記念で③に勝っている⑮が、
 それを再現する可能性は残されていると見る。
 3番手以下にもチャンスはあると見るが、
 ⑥は前年3着で相手付けは済んでるっぽいし、
 ①は本質的には中距離馬(ただし、③という前例があるので逆転はありそう)。
 ⑫は去年惨敗なので距離適性に難有っぽい。
 以上より、馬券は3連複◎○2頭軸で他3頭に流して買う方向で。

京都12R 高瀬川S(4上1600万下 D短 ①点)
  ◎ ⑥ラインシュナイダー
  ○ ⑦センターピース
  ▲ ①カネトシビバーチェ

新潟10R 春日山特別(4上500万下 芝中 ①点)
  ◎ ⑦ヒメタチバナ
  ○ ⑥ルックトゥワイス
  ▲ ⑧ジュンファイトクン

新潟11R 谷川岳S(4上OP 芝短)
  ◎ ⑬ヒーズインラブ 連勝の勢いで
  ○ ④ダノンリバティ  実績上位
  ▲ ⑪アルバタックス 距離は向く

新潟12R 五泉特別(4上500万下 芝短 2点)
  ◎ ⑩ダノンブライト
  ○ ⑦ヴェネト
  ▲ ④ダイワプロパー

「新・中央競馬予想戦記」 2017-04-29

4/22の結果
 3勝(比良山特別、橘S、彦根S) 1分(府中S) 5敗
  回収率 62.4%
4/23の結果
 4勝(石和特別、鎌倉S、あずさ賞、川俣特別) 1分(マイラーズC) 4敗
  回収率 90.0%
  年間回収率 74.1%
  通算回収率 72.3%
今年好調の京都が、今開催も土曜パーフェクトなど好発進。
一方、第1週に訪れた福島は開催回収率37.9%とさんざんな結果。
まぁ、だいたいその年行った競馬場は回収率が悪い、というのがワシの傾向なんだが、
ココまで顕著に出るのも珍しいかな…。
今週から新潟に開催替わり。コレを良い傾向だと捉えるしかないだろう。
4/29、4/30の買い方は以下の通り。
 東京:条件戦=複勝 OP以上=ワイド
 京都:条件戦=複勝 OP以上=枠連
 新潟:条件戦=複勝 OP以上=ワイド

東京09R 秩父特別(4上1000万下 芝短 1点)
  ◎ ②アヴニールマルシェ
  ○ ⑥レーヌドブリエ
  ▲ ⑦サンクロワ
  △ ③ニシノカブケ

東京10R 春光S(4上1600万下 D中 1点)
  ◎ ④ウインユニファイド
  ○ ②バイオンディップス
  ▲ ③クラウンシャイン
  △ ⑬クリノリトミシュル

東京11R 青葉賞(3歳GⅡ 芝長)
  ◎ ④ポポカテペトル
  ○ ⑪トリコロールブルー
  ▲ ⑦マイネルスフェーン

京都09R あやめ賞(3歳500万下 芝中 1点)
  ◎ ⑦アンセム
  ○ ③フィアーノロマーノ
  ▲ ⑨グラットシエル

京都10R 烏丸S(4上1600万下 芝長 ①点)
  ◎ ⑩サラトガスピリット
  ○ ⑧サトノエトワール
  ▲ ⑪ノーブルマーズ

京都11R 天王山S(4上OP D短)
  ◎ ⑤スマートアヴァロン 連勝機
  ○ ⑩コウエイエンブレム 鞍上相性良好
  ▲ ⑨ブルドッグボス    コース相性買って

新潟10R ゆきつばき賞(3歳500万下 芝短 ①点)
  ◎ ⑩ゲンパチシンゲン
  ○ ⑯ブレイヴバローズ
  ▲ ⑤ブリリアントアート

新潟11R 邁進特別(4上1000万下 芝短 2点)
  ◎ ⑮ライトフェアリー
  ○ ⑭ラインミーティア
  ▲ ⑬レヴァンタール
  △ ⑧グランシェリー

新潟12R 二王子特別(4上500万下 芝中 2点)
  ◎ ③ブライトボイス
  ○ ⑦コメットシーカー
  ▲ ④スクエアゴールド

「新・中央競馬予想戦記」 2017-04-23

東京09R 石和特別(4上1000万下 芝中 ①点)
  ◎ ⑪サトノキングダム
  ○ ⑩サトノダヴィンチ
  ▲ ⑨キミノナハセンター

東京10R 鎌倉S(4上1600万下 D短 1点)
  ◎ ⑧クワドルーブル
  ○ ⑨チェリーサマー
  ▲ ②シュテルングランツ
  △ ⑯ペプチドウォヘッド

東京11R フローラS(3歳GⅡ 芝中)
  ◎ ⑨アドマイヤローザ
  ○ ⑤ホウオウパフューム
  ▲ ⑭フローレスマジック

京都09R あずさ賞(3歳500万下 芝長 ①点)
  ◎ ⑦アドマイヤロブソン
  ○ ③ヒシマサル
  ▲ ⑥ブラックジェイド

京都10R 桃山S(4上1600万下 D中 ①点)
  ◎ ⑨ドラゴンバローズ
  ○ ②レッドディオーサ
  ▲ ③ヒデノインペリアル

京都11R マイラーズC(4上GⅡ 芝短)
  ◎ ⑧ブラックスピネル
  ○ ⑪イスラボニータ
  ▲ ④エアスピネル
  △ ⑤ダッシングブレイズ
 本命は、前走デムーロ騎手との新コンビで好調なスタートを切った⑧。
 間隔こそ空いてるが、相手なりにも走れるし、いきなりでも充分勝ち負けと見る。
 対抗には、古豪⑪を推す。
 3戦連続2着と勝ち切れてないので、年齢的に厳しいのか、と思われる面もあるが、
 まだ辞めさせてもらえてないんだから結果を出してくるのでは、と見る。
 3番手には、ココ2戦⑧と「よきライバル」感を出している④。
 マイル戦での実績はコッチの方が上なので、逆転も充分。
 あとは、鞍上が落ち着かないが、
 今回は4勝2着外の浜中騎手騎乗の⑤も、一発が怖い。

福島10R 飯盛山特別(4上500万下 D中 ①点)
  ◎ ⑬カイシュウキリシマ
  ○ ①コティニャック
  ▲ ⑩アートハルキ
  △ ⑨レイズオブザサン

福島11R 福島中央テレビ杯(4上1000万下 芝短 ①点)
  ◎ ④フジノパンサー
  ○ ①プレイヤード
  ▲ ⑩シルヴァーコード

福島12R 川俣特別(4上500万下 芝中 1点)
  ◎ ⑥サマーローズ
  ○ ③ヴァンデミエール
  ▲ ②グランディフローラ
  △ ④ウイングチップ

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ